今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ゲーム 生活

「あつまれどうぶつの森」をはじめてみた

投稿日:

 久しぶりに任天堂スイッチのゲームソフトを買った。

 いま話題の「あつまれどうぶつの森」

 私の「どうぶつの森」歴は、 
 一番最初はNintendo64だったかな?「どうぶつの森」
 次にゲームキューブで「どうぶつの森+」

 そこからしばらく間があってDSで「おいでよ どうぶつの森」

 次は、スマホで「どうぶつの森ポケットキャンプ」

 そして、今回の「あつ森」に至る。

 昨日ダウンロードしたが、主にやっているのは娘の方だ。

 私はただの島の居候的存在。

 まぁそのくらいが気楽だ。

 しかし、親切丁寧に仕上がっている。

 おそらく誰がやっても楽しめるような気がする。

 音楽も素晴らしい。キャラクターとの会話もウィットに富んでいる。

 いつでもいい気分にしてくれる。

 頑張ったら褒めてもらえて、頑張っただけの報酬や喜びが得られる。

 ここの世界には差別もいじめもなく、理想的な世界がある。

 もう、この世界で暮らしたいと思うのもわかる。

 現実の世界で苦しんでいる人は、こっちの世界に一時的に避難してもいいんじゃないかな?

 そんな心の癒しを与えてくれるソフトに仕上がっていると思う。

 魚釣りをして、貝殻を拾い、虫をとり、草花を育て、果実をとって売り

 その報酬がまた次へのステップとなる

 自分の好きなだけ働けばいい、サボっても文句は言われない

 頑張ったら褒めてもらえる

 少しずつスキルアップして、最初できなかったことが出来るようになっていく

 今の社会もこんなふうにのんびりと成長していければいいのにね

 みんなそんな風に生きたいと思っているのにね







-ゲーム, 生活
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

窓から見える風景

 以前住んでいた家では、  窓を開ければ隣の家の窓があった。  その隣家の窓を手で開けられるくらい近かった。  今度の家も、そういう窓もあるが、  一つだけ見晴らしのいい窓がある。  自分がいつも登る …

それって四葉のクローバー?

左はカタバミ 、右がクローバー  下手くそなイラストで申し訳ない。  二つの「四葉のクローバー」らしきイラスト。さてどちらが正解でしょうか?  左は葉がハート型、右は丸っこい。  クローバーとは、「シ …

 50代男性にとっての涙とは

いつからこんなに涙もろくなったのだろう?  そう感じた同輩は多いと思う。50歳を過ぎた頃からだろうか?  映画を観ては泣き、本を読んでは泣き、懐メロを聴いては泣き、それを思い出しては泣き、NHKのど自 …

結局いつものところにたどり着く

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。  当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。  感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。  どうして …

微妙とは

「昨日紹介したあの人どうだった?」 「う〜ん、ビミョーかなぁ?なんかピンと来ないんだよねぇ。」 「微妙」と言う言葉は、マイナスイメージで使われることが多い。 昨日は三井寺を歩いた。  金堂から観音堂に …