今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ご飯もの ひとりごと 出来事 文具 料理

「阪急 文具の博覧会 2022」

投稿日:

 スッキリ晴れた冬の日。

   久しぶりの大都会大阪。

 JR大阪駅の阪急うめだ本店の9階で催されている「阪急 文具の博覧会」。

もう、上ばかり見上げている。「高ぇ〜!」

 会場では、大阪に住む長女と無事合流できて、

 妻と私、そして長女がそれぞれの興味のあるブースへと散っていく。

 私は万年筆やガラスペン、そしてインク、

 レトロなイラストやマスキングテープなど。

 隣のブースでは、「ムーミンマーケット2022」が開催されていて、そちらも覗いてきた。

 この上の階では、いつもの文具雑貨のお店の方も一通り見て回って、大満足。

 小物や雑貨やステーショナリーに食器まで、全部ムーミン。

 そのまた隣では「クッキーの魅力」。

 もうあちこちで個展やらイベントなど展覧会をやっていて楽しくて仕方ない。

 やっぱり大阪は京都とは違う楽しさがある。

 お昼ご飯は、3人で名古屋の味噌カツ「矢場とん」。

 お腹いっぱい食べた後は、長女に案内してもらって、

 雑貨屋さんに文具屋さん、画材屋さんなどを周って、

 午後2時過ぎに大阪駅をあとにした。

 夜は雛祭りということもあって、3女とちらし寿司を作った。

 2合の酢飯に、あり合わせのゴボウ、人参、エリンギ、錦糸卵、サヤインゲン。

 そして、鮭フレークとトラウトサーモンとプチトマト。

 最後の最後に、マネケンのワッフル(メープル味)。

 長女からは「お父さんとお母さんって、今までに食欲なかった時ってある?」と言われる始末。

 こうやって列挙すると、やはり少し食べ過ぎのような気がする。

 妻なんて、昼ごはんの後にチョコブラウニーまで食べている。

 食べられるうちに、美味しいものをたくさん食べておこう。

 さて次は、早いうちにお雛様を仕舞わないと。

-ご飯もの, ひとりごと, 出来事, 文具, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

擬似体験

VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)とかじゃなくて、親子での話なのだが。  子供が何処かへ旅行へ行ってきて、とっても楽しかった!と言う話を聞くのは我が事のようにうれしい気持ちになる。まるで自分が旅行 …

映画「Mr.ノーバディ Nobody」

一見してごく普通の中年男が、世の中の理不尽に怒りを爆発させて大暴れし、やがて武装集団やマフィアを相手に激しい戦いを繰り広げる姿を描いた痛快ハードボイルドアクション。「ジョン・ウィック」の脚本家デレク・ …

殻付き牡蠣でカキフライ

この前、殻付きカキを食べたのはいつだろうとブログを検索してみたら、  昨年の1月末だった。  今回も食べ切れないほどたくさんいただいたので、  一部は息子家族へお裾分け。  添付されていた「食べ方」に …

豆腐玉子丼

 とりあえず玉子で綴じちゃえばどうにかなる。  具材は、木綿豆腐と玉ねぎと油揚げ。  麺つゆと水と砂糖。  午前の仕事を終えて、一度帰宅してチャチャッと作る昼ごはんは、スピードが命。  上にキムチもの …

鍋焼きうどん

 寒い日は鍋焼きうどんがいい。  小鍋でグツグツ煮込んでから器に盛り付けてもいいのだが、やっぱり一人前の土鍋で作るのがいい。  冬の寒い日や、ちょっと風邪気味でパワーが欲しい時に作る。  学生時代に、 …