今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 散歩 音楽

「風立ちぬ」:文章を「つづる」か「したためる」か?

投稿日:

 湖岸を散歩している時には、イヤホンで音楽を聴いている。ここ数日は松田聖子さんの古いアルバム。

 「風立ちぬ」という曲の歌詞に「風のインクでしたためています」とあった。

 「したためる」って漢字でどう書いたっけ?と考え込んだ。

 とりあえず、散歩中だったのでスマホに「したためる」とメモをしておいた。

 帰宅してから調べてみたら「認める(したためる)」と。ちょっと意外な漢字だった。

 「みとめる」としか読めなかった。

「したためる」には、4つほど意味があるようだ。

1、書き記す。
2、食事をする。「夕餉を認(したた)めに階下へ下る頃は」
3、整理する。処理する。
4、支度する。

 この歌詞の「風のインクでしたためています」は、この4つの意味の中の「1」の意味である「書き記す」だと思われる。

 参考までのその前後の歌詞を少し引用してみる。

冒頭が、いきなりサビから入って

風立ちぬ 今は秋
今日から私は 心の旅人

 と始まる。

続いてAメロ

涙顔 見せたくなくて
すみれ・ひまわり・フリージア

高原のテラスで手紙
風のインクでしたためています

そして、こう続く。

SAYONARA SAYONARA SAYONARA

 これは彼との別れの曲。彼の胸に戻りたいけど戻れない。これから自分は一人で強く生きていくと、心に決める。

 この歌詞の中で、「書く」や「書き記す」でなく、「綴(つづ)る」でもなく、

 「したためる」にしたのか?

 おそらく、上記「したためる」の「3」の意味である「整理する」「整える」という意味合いが強いのではないかと推測する。

 この悲しい出来事を心の中で整理して整え、腑に落としてから次への一歩を踏み出す。そういう意味での「したためる」という言葉を使ったのだろうなと感じた。

 作詞は松本隆氏、作曲は大瀧詠一氏。名曲です。

 この歌は、おそらく彼との別れを歌っていると思うのだが、聴いているとついつい思い浮かべてしまうのは、亡くなった母のこと。首に巻いた赤いスカーフ姿を思い出して、散歩中につい涙してしまう。

-ひとりごと, 散歩, 音楽

執筆者:


  1. 一般人 より:

    多分、この手紙を送らない、という心情を表現するのではないかと思います。
    この曲を聴いた時の想いを思い出しました。

  2. あかいみ より:

    本文に関係なくてゴメン。一世を風靡した「聖子ちゃんカット」!! ヘアスタイルにはなんの知識もないがあの形を維持するのってすご~~く大変そうな気がするんだけど。しかも最盛期の彼女なら、一日数時間の睡眠以外は常に人目にさらされていたんだろうから本人も、スタッフ(メイクさん)もほとんどあのヘアスタイルの奴隷状態だったんじゃないでしょうか(笑)。松田聖子に聖子ちゃんカットをさせた人々の奮闘記で、プロジェクトX(古!)できると思うぜ。

    • KURI より:

      あかいみさん
       考えてもみなかったけど、確かにそうですよね。小学生の頃は、麻丘めぐみのストレートのロング。続いて松田聖子の聖子ちゃんカット、続いてキョンキョンのショートヘア、そして、アイドルじゃないけど「タッチ」の浅倉南のヘアスタイル。学生時代はずっとキュンキュンしていました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

なんか微妙

 ニュースを見ていて、自分と同じファーストネームだなと思ったら、  えげつない犯罪者だった。  よくある名前だから確率は低くないけど、  なんか微妙。  とか、  苦手な人だと思っていた人が、  ふと …

あやしい世界

今日はエヴァンゲリオンの切手の発売日でした。 家内は大津市中央局に行ってシートで買ってきました。ここまではまだ普通なんです。 以前から持っていたエヴァンゲリオンの絵はがきを取り出して、そこにその時に買 …

非密の琵琶湖小花火大会2022 in 琵琶湖浜大津

 いつものように湖岸を散歩。この日は誘われるようにいつもと反対の西へ向かうコースへ。  今日もキレイな夕焼け。  月曜日だというのに、いつもよりホテルの客室が埋まっている。  いつもより人が多い。   …

検索

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。  まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。  その当時にパソコン通信が普及して、そこからインタ …

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …