今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

ありがとうくらい

投稿日:

 スーパーのレジで会計をしてもらった後に

「ありがとう」を言うか言わないか。

 店員さんはほぼほぼ「ありがとうございました」と言ってくれる。中にはたまたまご機嫌が良くなかった時だったのか「ありがとうございました」を言ってもらえなかった時もあるが、まぁほぼそんなことはない。

 では、お客の方はどうかと言うと、私の見る限りでは、

 ありがとうと言う人:言わない人=3:7

 かなぁ? そんな印象。

 レジの人の問いかけに、声を出して答える人は半分くらい。

 声は出さないが肯く動作をする人が4割くらい。

 残り1割はまさかの完全無視。

 レジの人を機械だと思っているのだろうか?人に声をかけられて無視できるのもある意味すごい。

 買って上げているのだからこちらがお礼を言う必要はないと言うスタンスなんだろうか?今でも「お客様は神様だから、この場でのあなたと私とでは私の立場の方が上」と思っているのだろうか?

 いやいやそれとも照れ臭くて言えないのだろうか?初対面の人に「ありがとう」と言うのが恥ずかしいのか?

 卒業式の時に名前を呼ばれて大きな声で返事をするのに、前の人も、その前の人も返事をしなかったら、自分だけ大きな声で「ハイ!」と言うのが恥ずかしいと言う感覚なのか?

 レジをやっている人に話を聞くと、会計の終わりに「ありがとう」と笑顔で言ってくれる人は天使に見えるとおっしゃっていた。それくらい日常はイライラしている人を相手にしているのだ。

 人付き合いで嫌な思いをした人は、営業職や接客は避けたがる。出来るだけ人と接しない仕事がしたいと言う。

 私も人見知りなので初対面の人は苦手なのだが、仕事柄毎日人とは接している。もう長いことやっているのでそれが苦痛なのかどうかもすでによくわからない。

 少しずつ「色々な人がいる」と言うのがわかってくるのかもしれない。自分も色々な時がある。

 相手の態度が悪いのは、自分の最初の態度が悪かったのかもしれない。きっとそんなこともあるかもしれない。

 たまたま機嫌の悪い人と肩がぶつかって殺人事件にまでなってしまう時と、

 たまたまある男女がぶつかって持っていたものを落としてしまって、そこから恋が芽生えてしまう時だってある。この差はなんだろう?

 原子に腕がいくつあって、そこにくっつきやすい状態だったか、そうでなかったかと言うようなものなんだか、「縁」とか「運命」言う悪戯なのか。

 それがあるから人生楽しくもあり、苦痛でもあり得るわけだ。

 みんないろいろとあるだろうが、何かしてもらったら、

 「ありがとう」くらい言ってもいいんじゃないか?

 

 



-ライフシフト, 生活
-

執筆者:


  1. Aki より:

    はいどうもー♪決まり文句かな…

    • KURI より:

      Akiさん
      そうそう、そちらでは「どうもー」ですよね。それと同じ感じがこちらで「ありがとう(堀内孝雄さんの言い方)」や「おおきに」です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生八ツ橋

 娘がリニューアルした京都水族館へ行っていた。  買ってきてくれたお土産がまさかの生八ツ橋。  ここに住んでいると、いつでも買えるものではあるが、わざわざ買わない。  それだけに新鮮だった。  いつも …

デジタル化におびえる

 私はどちらかと言えば同世代の中では早くからパソコンを使っていたし、インターネットというものが拡まる前からパソコン通信でコミュニケーションをとり、インターネットが開始されたらすぐに自分のホームページを …

お盆のルール

 盆迎えはいつ行くか?  家内の方はいつも12日に行っていると言う。全国的には13日が多いし、私の家も13日。  しかし、家内の実家の法事であるからここはそちらのルールに従う。  盆棚にナスやきゅうり …

子に料理を教える

娘が最初にひとりで作った玉子焼き。塩コショウもしていない、ただフライパンで焼いただけ。  子供には料理ができるようになって欲しいと  小さい頃から包丁を持たせたりしていたが  結局、何も作れる料理がな …

あと何回一緒に見られるだろう?

妻に誘われていつもの桜に会いに行った。 引っ越してきてからいつもいつも挨拶を交わしてきて桜。 その年によっては、そろそろ満開か?という頃に、 雨、雨、風、雨で、一番いい時を逃したこともあった。 今年は …