今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

ある母と子と、私

投稿日:

  たまたま向かい合って座った、

 3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。

 車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。

 母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てたお寺なんやで。たくさんの人があのお寺にお参りに行って心が安らかになって・・・・」

 子「あ! 黄色い車だ!」

 母「お寺っていうのはな、お墓があるだけじゃなくてな、昔は勉強をするところでもあったんや。」

 子「あ! 見てみて! 風船! 赤い風船や!」

 母「昔は今みたいに学校というところがなかったからな、寺子屋ってところで勉強したり、お寺でも教えたりしていたんやで。〇〇くんももう少ししたら小学校に入ってたくさん勉強して、たくさんお友だち作るんやで。今から楽しみやなぁ。」

 子「ほらほら! あの車大きい! ダンプカー!」

 母「友だちがたくさん出来ればな、困ったときに友だちが助けてくれるんや。友だちは大切にせなあかんで。お母さんもたくさん友だちがおったわ。」

 子「次、降りる駅や。」

 母「お母さんの高校の友だちなんてな、卒業してから会社作って社長さんになったんやで。うんと勉強して頑張ったんや。〇〇くんもたくさん勉強して、たくさん友だち作って偉い人になるんやで。わかったか?」

 子「降りる!」

 母「ほらそんなせいたら危ないやろ」

 私「あ、お母さん、バッグ。 忘れてます、はい!」

 母「あ、すみません! 〇〇くん、あんたがせかすからや、どうもすみません」

 子「ありがとう!」

 2m四方の空間にその母と子と私。

 ほんの1駅分。

 ほんのすれ違いざま、

 2〜3分間の短いドラマ。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …

匂いの記憶

 すれ違い様にスッと鼻腔を横切った香りは、  瞬時に頭の中のデータベースをパラパラパラと検索し始めた。  どこに仕舞い込んだろう?  確かに以前にも触れたことのあるこの香り。  振り向くとそこにはすら …

見えてないのは無いのと一緒

 この歳になると、そんなじっくりと自分の顔をまじまじと見ることがなくなった。  それだけに、うっかり間違って老眼鏡をかけて自分の顔を見てしまったりすると、  そこには想像し得ないほどの荒野が広がってい …

Fellows Tree(幸福の木)に花?

 歌手のASKAさんのライブに行った時に購入したグッズ。  「フェローズツリー」幸福の木(ドラセナ)。「Fellows」はASKAさんのファンクラブの名称。  最初は10cmほどのゴボウだったのに。 …

びわ湖の夕焼け

 午後7時すぎてもまだ明るい季節。  6月19日の夕方、いつものように湖岸へ散歩に出かけた。ホールの階段を登ると眼前に琵琶湖が広がる。この日は出かける前から夕焼けへの期待値が高かった。  比叡山方面を …