今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

ある母と子と、私

投稿日:

  たまたま向かい合って座った、

 3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。

 車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。

 母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てたお寺なんやで。たくさんの人があのお寺にお参りに行って心が安らかになって・・・・」

 子「あ! 黄色い車だ!」

 母「お寺っていうのはな、お墓があるだけじゃなくてな、昔は勉強をするところでもあったんや。」

 子「あ! 見てみて! 風船! 赤い風船や!」

 母「昔は今みたいに学校というところがなかったからな、寺子屋ってところで勉強したり、お寺でも教えたりしていたんやで。〇〇くんももう少ししたら小学校に入ってたくさん勉強して、たくさんお友だち作るんやで。今から楽しみやなぁ。」

 子「ほらほら! あの車大きい! ダンプカー!」

 母「友だちがたくさん出来ればな、困ったときに友だちが助けてくれるんや。友だちは大切にせなあかんで。お母さんもたくさん友だちがおったわ。」

 子「次、降りる駅や。」

 母「お母さんの高校の友だちなんてな、卒業してから会社作って社長さんになったんやで。うんと勉強して頑張ったんや。〇〇くんもたくさん勉強して、たくさん友だち作って偉い人になるんやで。わかったか?」

 子「降りる!」

 母「ほらそんなせいたら危ないやろ」

 私「あ、お母さん、バッグ。 忘れてます、はい!」

 母「あ、すみません! 〇〇くん、あんたがせかすからや、どうもすみません」

 子「ありがとう!」

 2m四方の空間にその母と子と私。

 ほんの1駅分。

 ほんのすれ違いざま、

 2〜3分間の短いドラマ。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

とんかつ屋にて

 「え? なんて? そうそう、そうなんよ。あれには参ったわ。」  妻とトンカツ屋に入って、隣の席から聞こえて来る少し大きめの声。  「それでな、そいつのかあちゃんはまだ出てこうへんねん。おかしいやろ? …

ブッカでブーケ

   お彼岸用にと用意した菊の花。  余った小菊を三女が小さなブーケにしてくれた。(写真:手前)  先にあっちに行った方々のために、まだこちらにいる我々のために、お花というものの役割は大きい。  向こ …

レコード大賞

 キッチンに立って料理を作るときは必ず、お気に入りの曲をかける。  アップテンポでノリノリの曲がいい。  最近知った若手アーティストのヒットナンバーもいいけど、少し前に流行ったベストヒット集もいい。 …

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

冬の夜のウォーキング

 風を遮る上着を羽織って、手袋とマフラーを装備してから家を出る。  Apple Watchの「フリーウォーキング」のスタートボタンを押してから歩き出す。  1時間ちょっと5〜6kmの湖岸ウォーキングだ …