今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

いけにえ

投稿日:

 ネットや週刊誌、各種マスコミで、

 「生贄」は、ほぼ日常的に行われているものであると認識している。

 「炎上」とか「叩き」「吊し上げ」など、

 焼かれ、叩かれ、吊るされる。

 それが肉体じゃなくて、社会的制裁で精神的に死に追いやられたりもする。逆にそのシステムを利用したビジネスもあったりして、その膨大なエネルギーを使って金儲けをしたり、知名度を上げたりもする。

 「今日の祭りはどこだ?」と炎上しているサイトに入り、火に油を注ぐ。

 そう言った社会的な「必要悪」と呼ばれるものを無くそうと、昔から対処が求められて来たと思うが、今まで形を変えながらも続いて来たということは、みんなそれを必要として無くなっては困ると思っているのだろう。

 大きな社会では「生贄」「村八分」であり、小さな集団でも「いじめ」というものかもしれない。

 出来る限り、みんな「今日の生贄」にならぬように気を付けて暮らしている。

 特殊な空気を作り、それで縛る。罰則もない暗黙のルールで緩く縛り、標準偏差から外れるものを順次目についたものから拾い出し吊し上げる。

 きっかけなどなんでもいいのだ。誰かひとりを吊るせばそれで全体が丸く収まる。それで大勢が日々笑顔で暮らせる。

 おとなしくしているか、闇に潜むか、名をひた隠すか、強大な権力を持つか、その力を逆に利用するか。

 兎角、生きることは難しいものである。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

雨宿り

突然の通り雨に、 持っていた傘をさす人、手のひらを顔の前にかざして走り出す人、  私のように雨宿りをする人、  雨の強さにもよるが、気にしない人はそのまま歩く。 雨宿りから出発するタイミングも様々で、 …

検索

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。  まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。  その当時にパソコン通信が普及して、そこからインタ …

今日は京へ行ってきました

 二人分のお弁当を詰めて、  ちょっとオシャレにしようと白シャツにデニムで玄関に降りたら、  「これじゃ、ペアルックみたいでなんだか恥ずかしい!」  妻とファッションが被ってしまった。  「でも今から …

「風立ちぬ」:文章を「つづる」か「したためる」か?

 湖岸を散歩している時には、イヤホンで音楽を聴いている。ここ数日は松田聖子さんの古いアルバム。  「風立ちぬ」という曲の歌詞に「風のインクでしたためています」とあった。  「したためる」って漢字でどう …

相槌を打つ

 「相槌を打つ」というのはなかなか難しいもので、鍛治が交互に槌を打つように、または餅つきの「合いの手」のようにタイミング良く気の利いた相槌を打つのは熟練を要する。  タイミングよく「うん、うん」、「う …