今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

いざ無くなってみると思い出せない

投稿日:

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。

 「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」

 こんなに広いのに、思い出せない。

 確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな?

と思ったら、そのテレビ塔は存在した。

 それじゃ防火用水とか貯水槽みたいなのがあったな、と思ったらそれもあった。

 う〜ん、となると何が無くなったのだろう?

 

 こういうことは、街中でもある。

 突然出現した空き地に「あれ?ここって今までなにがあったっけ?」と思うことは多い。

 

 印象深いものが急に無くなれば「あれ、居酒屋さんが無くなっちゃった!」ってすぐにわかるが、ひと気のない空き家だったところが突然無くなっても思い出せない。

 人も同じようなことがあって、「そういえば最近あの人見かけないね」というのもあった。

 「なに言っているの? あの人はもう3年前に亡くなっているよ」と教えてもらったり。

 「ここにあった花瓶ってどこにやった?」

 「そこに花瓶があったのはもう3ヶ月くらい前だよ」なんて言われたり。

 人の記憶なんて本当にあてにならないもんだ。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

散歩の楽しみ

日常的に散歩をしている私にとって、散歩の何が楽しいかというと、なんでも受け止めてくれる懐の深さだ。と書くと大袈裟だけど。 何事も飽きっぽい私が続けていられるのは、私のマイブームにいつでも付き合ってくれ …

人の秤で計ると不安になる

 自分の秤では間違いないはずのに、  誰のかもわからない、  もしかしたら有りもしない秤で計ったことを考えては不安になったりする。  その秤が実は狂っていて、自分の秤が正しいと信じたいが、  耳にする …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …

黄砂と空気清浄機

 中国の西に広がる、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠から、  遠路遥々、偏西風に乗ってやってきた黄砂は、  令和3年3月29日の午後から西の空にやってきた。  その日の日中はさほど感じなかったが、夕方の西の …

人の歩いた道を辿ってみる

 過去に同じ道を歩いた人がいて、  その人がその道の情報を色々と残してくれたとする。  その情報をもとに同じ道を歩いたら、  あとから歩いた人の方が、さらに多くの情報を得られるのだろうか?  そんなこ …