今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

いざ無くなってみると思い出せない

投稿日:

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。

 「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」

 こんなに広いのに、思い出せない。

 確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな?

と思ったら、そのテレビ塔は存在した。

 それじゃ防火用水とか貯水槽みたいなのがあったな、と思ったらそれもあった。

 う〜ん、となると何が無くなったのだろう?

 

 こういうことは、街中でもある。

 突然出現した空き地に「あれ?ここって今までなにがあったっけ?」と思うことは多い。

 

 印象深いものが急に無くなれば「あれ、居酒屋さんが無くなっちゃった!」ってすぐにわかるが、ひと気のない空き家だったところが突然無くなっても思い出せない。

 人も同じようなことがあって、「そういえば最近あの人見かけないね」というのもあった。

 「なに言っているの? あの人はもう3年前に亡くなっているよ」と教えてもらったり。

 「ここにあった花瓶ってどこにやった?」

 「そこに花瓶があったのはもう3ヶ月くらい前だよ」なんて言われたり。

 人の記憶なんて本当にあてにならないもんだ。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

方丈記を読む

 小さな平屋でいいんだよな。  そこに、奏でるスペースと、念仏を唱え、経を誦むスペースと、  寝床があればいい。  京都では、  大地震とか竜巻、大火事、遷都や大飢饉などたくさん地獄をみてきたし、   …

場所と格好

「ここでこんな格好していると誰だかわからないねー」  そんなことがよくある。  この前もスーパーで買い物をしている時に、  「こんにちは!」と30代の女性から挨拶をしてもらった。  すぐには誰だかわか …

安心・安全

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。  死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話し …

良いものもある、悪いものもある

 昔、スネークマンショーという桑原茂一氏と小林克也氏でスタートしたコント。  その中のネタのひとつで、  音楽評論家A:「ま~、僕の場合はね、レコードを向こうから取り寄せてるんだけど~今のロックはさ~ …

検索

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。  まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。  その当時にパソコン通信が普及して、そこからインタ …