今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

いろんなこと言われての今の自分

投稿日:

道の真ん中をぼーっと歩いてんじゃねーよ!」  後ろから自転車に乗った老人が、チリチリとけたたましくベルを鳴らしながら叫ぶ。  歩道の真ん中を歩いていただけなのに。  ある時は、  まだ子供が小さい頃、公園のジャングルジムでうちの娘3人が遊んでいた。  しばらくすると知らない女性が後ろに二人の小学生くらいの子供を連れてやってきた。  「遊具はあなたたちだけのものじゃないんです! うちの子供たちにも遊ばせてあげてください!どうして代わってくれないんですか!ずっと自分だちだけで遊んで!」  と凄い剣幕。  今この公園に来たばかりで、今初めて近づいてきて、いきなりそう言われても・・・。

すれ違いがやっとの狭い道で、対向車がそこそこのスピードで近づいてきてスピードを緩めない。  やばい、ぶつかりそう! と、左側に寄って最徐行した時に、お互いのドアミラーがぶつかった。  傲慢な感じの40代の男性が降りてきて  「ちょっとあんた、スピード出しすぎだろ!」と言われる。  「社会なんてそもそも理不尽なものだ」   と思えばそれまでだ。  毎日こうやって文章を書いていて、ふと怖くなる時がある。  知らないうちに人を傷つけているのではないだろうかと。  息を吐くように嫌味を言う人もいれば、  笑顔でプラスの言葉しか言わない人もいる。

いつも不満を言っている人、  「でも、仕方ないよね」と言うのが口癖の人、  妙に腰の低い人、  びっくりするほど高飛車な人、  みんな、いろんなことを言われての今の自分なんだろうな。  そんなキツイ台詞たちが、  知らないうちに「単語登録」されてしまっていたとしたら、  小まめに消去しないとなと思う。  「自分が小さい頃、お父さん怖かったよ〜」と笑いながら子供たちに言われることがある。  「気さくでフレンドリーな父親になれたらいいな」って、   妻が最初の子を授かった時に思ったもんだ。  子供を大切に思うが故にと言うのもあるかもしれない。  これからの自分は、  「頑固なクソジジイになってやる!」  と思う時もあれば、  「いつもニコニコの好好爺でありたい」とも思う自分もいる。  なんにしても、生きやすい方へ、  美しく、いい匂いのする方へ、  花の咲く方へと、フラフラと漂ってしまうのだと思う。

-ひとりごと

執筆者:


  1. Aki より:

    だんだん出不精になるよね・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      毎週のようにどこかに出かけていたのが、家の植木の手入れや物入れの掃除とかで1日も外に出ないと言う日も増えました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

探し物はいつもそばにある

 妻 「あ、職場にスマホを忘れてきちゃったかも! 私 「最後に見たのはどこ? 家のどこかにあるんじゃない? 電話かけて鳴らしてみようか 妻 「絶対にそれはない!! 間違いなく職場に忘れてきた!」 私  …

テレビ

 地上波を見るのは、定時のニュースと天気予報。NHK朝ドラと大河ドラマ。NHK「サラメシ」「うたコン」「のど自慢」。  それくらいになった。  だからテレビのリモコンは、「電源」ボタンしか使わない。 …

働くことがつらいなら

 周期的に働くことがつらくなる。  あ〜〜、もう全部投げ出したい! そしてひとりで何処かへ行ってしまいたい。  働いても働いて、いろんなところに搾取されて、手元には何も残らないって思ってしまったりする …

あやしい世界

今日はエヴァンゲリオンの切手の発売日でした。 家内は大津市中央局に行ってシートで買ってきました。ここまではまだ普通なんです。 以前から持っていたエヴァンゲリオンの絵はがきを取り出して、そこにその時に買 …

目が欲しがる

 「目が欲しがるんだよね。」  大木こだま師匠だったら、  「目は欲しがらへんやろう〜」と、ぼやくところだろうが、  「目は欲しがるんだけど、ついつい食べてしまうといつも胸焼けしちゃうのよねぇ」  「 …