今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

うれしいような悔しいような

投稿日:

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」

 今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。

 子供が大きくなってきたら、

「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた。

 ビンの蓋を取るのも、「ちょっとこれ取れる?」と預けることも。

「これはここをこうしてこうやるとホラ、うまくできるでしょ!」と言うのを繰り返し、

 気がつけば、

「あ、お父さんいいよ。それはうちらがやるから。」と言われ、

 そしてその出来栄えをみると、

 私がやるよりも上手に丁寧に美しく仕上げられるようになっていた。

 なんだか自分が劣ったように思えたのが一瞬あったが、

 自分よりも上手に出来るようになった子供たちを見てうれしい気持ちになった。

 もうほとんどのことは任せてもいいんだなって、その方がうまくいくんだなって思った。

 あとは自分と妻が自分たちだけで生きていけるように頑張ればいいんだと。

 きっとそれも出来なくなる日が来ると思うけど、

 その時はその時で仕方ない。

 なるようになるしかない。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

だけども、問題は

 世界情勢はなんだか大変そう。  だけども、問題は、  今夜作るカレーに入れる玉ねぎが高いこと。いつも2個入れるところを1個にしようかと思ってしまった。いつもなら1袋3個100円で売っていたのが、近頃 …

雨宿り

突然の通り雨に、 持っていた傘をさす人、手のひらを顔の前にかざして走り出す人、  私のように雨宿りをする人、  雨の強さにもよるが、気にしない人はそのまま歩く。 雨宿りから出発するタイミングも様々で、 …

いろんなこと言われての今の自分

「道の真ん中をぼーっと歩いてんじゃねーよ!」  後ろから自転車に乗った老人が、チリチリとけたたましくベルを鳴らしながら叫ぶ。  歩道の真ん中を歩いていただけなのに。  ある時は、  まだ子供が小さい頃 …

テレビ

 地上波を見るのは、定時のニュースと天気予報。NHK朝ドラと大河ドラマ。NHK「サラメシ」「うたコン」「のど自慢」。  それくらいになった。  だからテレビのリモコンは、「電源」ボタンしか使わない。 …