今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

うれしいような悔しいような

投稿日:

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」

 今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。

 子供が大きくなってきたら、

「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた。

 ビンの蓋を取るのも、「ちょっとこれ取れる?」と預けることも。

「これはここをこうしてこうやるとホラ、うまくできるでしょ!」と言うのを繰り返し、

 気がつけば、

「あ、お父さんいいよ。それはうちらがやるから。」と言われ、

 そしてその出来栄えをみると、

 私がやるよりも上手に丁寧に美しく仕上げられるようになっていた。

 なんだか自分が劣ったように思えたのが一瞬あったが、

 自分よりも上手に出来るようになった子供たちを見てうれしい気持ちになった。

 もうほとんどのことは任せてもいいんだなって、その方がうまくいくんだなって思った。

 あとは自分と妻が自分たちだけで生きていけるように頑張ればいいんだと。

 きっとそれも出来なくなる日が来ると思うけど、

 その時はその時で仕方ない。

 なるようになるしかない。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

目が欲しがる

 「目が欲しがるんだよね。」  大木こだま師匠だったら、  「目は欲しがらへんやろう〜」と、ぼやくところだろうが、  「目は欲しがるんだけど、ついつい食べてしまうといつも胸焼けしちゃうのよねぇ」  「 …

羅生門

  久しぶりに芥川龍之介の「羅生門」を読んだ。    青空文庫「羅生門」でタダで読めるし、  YouTubeでは字幕表示で朗読もしてくれる。  しかも、イケメンでイケボイスでおよそ20分。  今さらな …

栓抜き

 もうすっかり栓抜きを使わなくなった。最後に使ったのはいつだろうと思うほどだ。  子供たちに言うと驚かれるが、  「昔は電車の各座席ごとに”栓抜き”と”灰皿”がついていたんだよね」  「えー〜ー!マジ …

つまみおにぎり

 子供が小さい頃に、面倒な離乳食も適当に切り上げて、  ご飯を食べさせようとしたときに作ったのがコレ。  小さい長方形に切った焼きのりで摘んだ白いごはん。  ただそれだけ。  つまんではテーブルに置い …

正しいって厄介だ

 「正」とつく字は色々と問題を起こす。  「正しいこと」「正義」「正論」「正体」「正常」「正式」「正当」などなど、枚挙にいとまがない。  これらどれをとっても、喧嘩の元にもなり、  結論のない論争のネ …