今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

おみくじとか占いとか

投稿日:

 子供の頃は引いていたのかな? それさえも覚えていないが、

 「おみくじ」やら「占い」やら、あまり興味がない。

 それに振り回されるのが面倒なのかもしれない。

 家を建てたり、リフォームしたりした時も、

 科学的に説明できるものはすんなりと受け入れるのだが、

 「今年はこの方角をいじるのは良くない」とか、

 「業者はこっちの方角にある会社に頼むと良い」とか、

 「なんだよそれ!?」と言うものだったりすると憤慨する。

 でも、そう聞いてしまうと、それに反することをやって悪いことが起きるのもイヤだから、

 なんとなくそれに従ってしまうのがまた悔しい。

 あれは一種の「呪い」だと思う。

 「こうすればうまくいく」と言うのは、

 「そうしないと悪いことが起こる」とも言い換えられる。

 それはもう立派な呪いではないか。

 言われた通りにやってみて、悪い結果になっても責任を取ってくれることもないし、

 また新たな呪いを掛けられるのがオチだ。

 そこまで気にしなければいいし、良いことだけ信じれば良いって言うけど、

 これはその人の性格によるだろうなぁ。

 そう言うことに囚われやすい私は、手を出さないようにしている。

 占いが楽しめるような人は、頻繁に占ってもらっているようだが、

 向いていない私は近づかないようにしている。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メダカとかアボカドとか

 無事に冬を越すことができたメダカ。  水面に浮いているポツポツは「エサ」。  水面より上の水草は一度枯れてしまったが、春になって再び伸びてきた。メダカも1匹も星にならずに春を迎えた。  タニシも冬の …

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …

大きな幸福の木の小さな花

 1ヶ月ほど前にFellows Tree(幸福の木)に蕾らしきものが出てきたと書いたが、その後まったく変化なくて、これは花の蕾ではないのではないか?と思うようにさえなっていた。  ↑ 1週間前でもこん …

運がいいんだか悪いんだか

 ラッキーが2つ続いたけど、  最後は大外れ。  ラッキー2つとアンラッキー1つで「運がいい!」と判定。  ラッキーの数が多くても、最後にダメなら全部ダメと考えるべきなのか?  それを1ヶ月後で判断す …

神話

 神話ってどうしてあんなに古い時代から現代に至るまで伝えられているのだろう?  きっとその方が都合の良いことが多いのだろう。  神話ってどうしてどの国でも似たような話が多いのだろう?  それを後世に伝 …