今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

おみくじとか占いとか

投稿日:

 子供の頃は引いていたのかな? それさえも覚えていないが、

 「おみくじ」やら「占い」やら、あまり興味がない。

 それに振り回されるのが面倒なのかもしれない。

 家を建てたり、リフォームしたりした時も、

 科学的に説明できるものはすんなりと受け入れるのだが、

 「今年はこの方角をいじるのは良くない」とか、

 「業者はこっちの方角にある会社に頼むと良い」とか、

 「なんだよそれ!?」と言うものだったりすると憤慨する。

 でも、そう聞いてしまうと、それに反することをやって悪いことが起きるのもイヤだから、

 なんとなくそれに従ってしまうのがまた悔しい。

 あれは一種の「呪い」だと思う。

 「こうすればうまくいく」と言うのは、

 「そうしないと悪いことが起こる」とも言い換えられる。

 それはもう立派な呪いではないか。

 言われた通りにやってみて、悪い結果になっても責任を取ってくれることもないし、

 また新たな呪いを掛けられるのがオチだ。

 そこまで気にしなければいいし、良いことだけ信じれば良いって言うけど、

 これはその人の性格によるだろうなぁ。

 そう言うことに囚われやすい私は、手を出さないようにしている。

 占いが楽しめるような人は、頻繁に占ってもらっているようだが、

 向いていない私は近づかないようにしている。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

方丈記を読む

 小さな平屋でいいんだよな。  そこに、奏でるスペースと、念仏を唱え、経を誦むスペースと、  寝床があればいい。  京都では、  大地震とか竜巻、大火事、遷都や大飢饉などたくさん地獄をみてきたし、   …

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …

期日前投票と黒蜜寒天

 朝から暑い日だった。朝から家中に掃除機をかけて、水やりやメダカの世話も済ませてから、あちこちの用事を済ませてから妻と期日前投票に出かけた。  市役所で投票を済ませてから炎天下を15分ほど歩いて、イオ …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …