今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活 草花

くっつき虫(荒地盗人萩)

投稿日:

 年に一度の一斉清掃が、

 今年は例の事情で中止になってしまったために

 いつも雑草が生い茂ってしまう場所の草刈りを有志だけでやることになった。

 と言っても、みんなに声をかけたので、ほぼいつものメンバーでの作業。

 1人でやると2時間ほどかかる作業が、みんなでやれば30分もかからず終わる。

 作業も終えて、自分の体を見たら

全身に「くっつき虫」「ひっつきむし」という、植物のタネが張り付いていた。

 手袋、マスク、帽子、Tシャツ、ズボン、靴下、靴すべてにビッチリと。

 写真のこいつ。

 私が担当した場所だけに生い茂っていたやつ。

 背丈ほどもあったので、このくっつき虫とは知らずに両手で持って引き抜いた。

 それをぐるぐるって丸めてゴミ袋に入れたら、もう全身にこのタネが付着。

 「付着」なんてもんじゃない。「接着」に近い。

 叩いても、払っても、ガムテープでやってもびくともしない。

 結局作業終了後に全部脱いで。

 ひとつひとつ爪の先を使ってこそぎ落とすというか、皮膚のカサブタを剥がすように取っていった。

 なんだかんだで地道に確実にひとつひとつ取っていくのが一番早かった。

 草取りは30分ほどで終わったのに、その後のくっつき虫を剥がす作業に1時間以上を費やした。

 このくっつき虫の正式名称は「荒地盗人萩」。

 「アレチヌスビトハギ」と言うらしい。

 これを名付けた人もおそらく全身にビッチリ張り付いたのだろう。

 そう言う恨みがこもったような名前になっていた。



-生活, 草花
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

子に料理を教える

娘が最初にひとりで作った玉子焼き。塩コショウもしていない、ただフライパンで焼いただけ。  子供には料理ができるようになって欲しいと  小さい頃から包丁を持たせたりしていたが  結局、何も作れる料理がな …

娘が買ってきてくれたおつまみは

 「どこで買ってきたの?」  と、言いたくなるようなおつまみ各種。  右端の「イカ足 甘醤油味」は、美味しかったのだが、なかなか顎が疲れる一品。  「骨せんべい」はパリパリっと食べやすくて美味しい。い …

流されるときは

心が穏やかな時と イライラしている時と 寂しい時と うれしい時と 悲しい時と 恥ずかしい時と 怒っている時と 愛している時 きっと、その時に自ら発しているものが 言葉になり 艶になり 歌になり 表情に …

ピンポイントの雨

遠くの山の真っ白いところ。 かなりの雨が降っているようです。 湖岸には冷たい風が南東から北西へ吹き抜ける。 写真の右後ろから、真っ白のところに向かっていく。  雨雲レーダーの「湖西線」の左側の紺色の部 …

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …