今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト

これからどう生きていこうか

投稿日:

 30代〜40代の頃は

 50代にもなればもう「どう生きるか」なんてことは考えることなく

 生きていると思っていた

 しかし、50代も半分以上過ぎて思うことは、

 40代の頃に漠然とどう生きていこうと考えていたことが

 もっとリアルにどう生きていこうって考えている

 そう考えているってことは、まだ人生あきらめていないってことなのかな?

 60代でも今よりもっとリアルに考えているのだろうか?

 それとも半分くらい諦めモードに入っているのだろうか?

 人それぞれだと思うが、それはずっと続くのだろうなって今現時点ではそう思う。

 そんなこと考えるのも面倒になっているかもしれないし、

 完全に人生諦めているかもしれない

 その時になってみないとわからない。

 そう、その時になってみないとわからない。

 なのにその時に「こうなるかもしれない」、「ああなっちゃうかもしれない」って心配する。

 考えても仕方のないことをグダグダと考えているのは、

 いつどの世代でも同じなんだと、

 少なくとも50代半ば過ぎまで生きてきてそう思う

 

 ここからどう変わるかはわからない。

 それを楽しめればいいが、

 悩んでいるときは少なくとも楽しくはない。

 でも、もしも自分の命が終わると分かった時に

 ずっと悩んできたのはそれが好きだったからと思えるのだろうか?

 なんだかんだで、自分は悩むのが好きだったんだなって。

 そう思えるのだろうか?

 今日は紫陽花がピンクに色づいている







-ライフシフト

執筆者:


  1. Aki より:

     年金の受け取りが65歳になった時点でそこらへんよく判らなくなったかなぁ
    近所の10歳年上の同業が50歳も超えた頃、なんだかうらやましく思ったのは同じでしょうか…
    お昼の番組で87歳でフルのトライアスロン(ランでだけで42.195キロ)に出ている爺さんを見て、他人に対しては挨拶としても、自分自身に歳だからもうダメなんて免罪符は渡せないなと思いました、今のうちに大型バイクに乗らにゃね、KURIさんもどうですかバイク?排気量無くてもあの五感を刺激する操作感が快感、原付のクラッチ付きが無いのが寂しい…

    • KURI より:

       車に乗る機会が激減しているから、もう車もいいかなって思っているくらいなので、バイクは私にとってあまりにリスキーです。たまに運転すると、そのうち事故起こすかもって思うし。早く自動運転の車が出て欲しいって思っています。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

どこでどう咲くか?

「嫌われる勇気」を読んで自分が変われば世界が変わると思ったが、それができれば世話ないとも思った。 「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、とどめを刺された。そうは言ってもなかなかできるもんじゃないですよ …

子育てはわからん(ジジババ編)

 親として5人の子を育て、  今度は孫を見守る立場になった。  子育て期間の平成が過ぎ、令和は孫というわかりやすい境界線で、その時代とともに子育て情報が移り変わり、使われる道具も変わってくる。  抱っ …

窓から見える風景

 以前住んでいた家では、  窓を開ければ隣の家の窓があった。  その隣家の窓を手で開けられるくらい近かった。  今度の家も、そういう窓もあるが、  一つだけ見晴らしのいい窓がある。  自分がいつも登る …

ぐーたらと生きたい

 小さい頃から学校に行きたくないし、勉強もしたくない ただただ自分の興味の赴くままに生きていたいなって思っていた。  小さな花を見つけて、それを観察してスケッチして、どんな植物なのか調べることは大好き …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …