今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

生活

これからのスマートフォン

投稿日:

 これからのスマートフォンはどういう方向で進化していくのだろうか?

 インターネットがスタートする前からパソコンに触れてきた者ではあるが、現時点でのスマートフォンに対して「とても使いやすい」とは言い切れないのである。

 まずは、老眼であるから画面の表示見づらい。かと言って画面を大きくしたら携帯に不便である。

 スマートフォンを設計する方にしても、「そんなんどうせいっちゅうの」ってことだと思う。

 老眼になる前は、「画面はもっと小さくてコンパクトにしてくれたらいいのに」、「文字なんてもっと小さくていいのに」って思っていた。

 しかし、今では可能な限り文字を大きくしている始末。

 これ以上フォントの文字は大きく出来ないだろうから、その次の作戦に行くしかない。

 指先で画面をタッチして文字入力するのも、やたらと疲れる。パソコンのキーボードならブラインドタッチできるから、老眼であってもさほど問題ない。

 スマートフォンもそれと同様に出来ないものか?液晶画面に指を這わせるのではなく、別の方法で。しかも人前で言葉を発して音声入力という恥ずかしいこともせずに。

 本体の大きさはポケットに入れば、今のままでもいい。カメラ機能も十分。ネットの接続に関しても不便は感じない。

 文字の入力、映像の出力、そして操作方法をなんとかならないか。

 画面の画質はこれ以上美しくなくてもいいし、音質もハイレゾにならなくてもいい。スピードも今くらいで十分。大きさも今くらいでいい。充電も今くらいでいいし、ファイナンス系も十分。

 眼から鱗が落ちる様な発明を誰かしてくれないだろうか。

 このままではあとどれくらいスマートフォンを使っていられるのかわからない。

-生活

執筆者:


  1. Aki より:

    攻殻機動隊的にコードを体に繋いで操作できればかな・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

冬の琵琶湖疏水

 年末あたりからだろうか?琵琶湖疏水は水を抜く。  琵琶湖疏水は2経路あり、こちらは主に灌漑用でほぼ暗渠にはなっていない。  琵琶湖からの取水が止められた疏水の壁面には、  乾いた水草が張り付いており …

もしもこの宇宙が一つの滴だったら

そんなこと考えたことないだろうか?  この広い大宇宙が、実はある世界の一雫の中であったなら。  自分がこの体の中に住む一つの常在菌だとしたら、この体は一つの膜らしきものに被われた大宇宙であり、それこそ …

山で食べられるものって意外と少ない

 山歩きとかまったく知らなかった頃は、山の中で迷っても周りは植物がいっぱいで何かしら食べるものはあるかもしれないって思ったりしていたが、  実際に低山を歩いてみると食べ物なんてない。野草や山菜だってそ …

もう一つの世界で

 山を歩いてみたいと思っても、  最初はどこから入るのかさえ、全くわからなかった。  でも、見えている近くの山でいいから歩いてみたいなって思っていたら、  不思議なことに、「一緒に歩きませんか?」と言 …

小説「ムーンライトシャドウ」

 「キッチン」は読んだはずなのに、キッチンを含む三編の短編小説のうちの最後の一つが記憶から消えていた。  やはり読んでいなかったかもしれない。  でも、キッチンを読んだのはもう思い出せないくらい昔のこ …