今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

これからの車は

投稿日:

 ソニーが車を作る時代になった。

 アップルも以前から作っているとかいないとか。

 今の車はすでに、スマートフォンの接続できる車から、タイヤのついたスマートフォンになっている。

 近いうちに自動運転になるだろう。

 メルセデスベンツの電気自動車が途中で充電せずに1000km走れるようになり、ある車では車から降りた状態でボタンひとつ押せば自動的に車庫入れしてくれる。それも数センチの隙間でドアが開かないくらいの狭い場所でも駐車できる。

 と言うことは、今まで3台しか駐車できない場所に2倍くらい駐車出来ると言うことだ。

 完璧な自動運転が可能になり、完全に事故を起こさないという前提であれば、車はこれほどまでに強度を高める必要もなく、バンパーも必要なくなり、軽量に出来るはず。エンジンも必要なく、今までのノウハウをそれほど必要とせずに車が作ることができるとすれば、自動車製造会社は危機的状況に陥るのではないだろうか?

 ソニーの車の販売はそんなことを示唆しているような気がしてならない。

 パナソニックなどの電機メーカーはもちろんのこと、新規のベンチャーも十分参入可能になりそう。

 アニメ映画に出てきたそのままの近未来の車が、そのままそのアニメ制作会社が販売してもおかしくないだろう。

 なんだかすごい時代に生まれてきたもんだとワクワクするばかりだ。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「阪急 文具の博覧会 2022」

 スッキリ晴れた冬の日。    久しぶりの大都会大阪。  JR大阪駅の阪急うめだ本店の9階で催されている「阪急 文具の博覧会」。 もう、上ばかり見上げている。「高ぇ〜!」  会場では、大阪に住む長女と …

心に爪楊枝

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、 そこを避けようとして食べると 食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。 歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。 心も …

相槌を打つ

 「相槌を打つ」というのはなかなか難しいもので、鍛治が交互に槌を打つように、または餅つきの「合いの手」のようにタイミング良く気の利いた相槌を打つのは熟練を要する。  タイミングよく「うん、うん」、「う …

ゴソゴソと遊んで捨てる

 仕事で忙しいと「大変だね」とか「忙しくて何より」って言われたりするけど、  遊びで忙しくてもあまり同情してもらえない。  これもそんな遊びに分類されるような作業。  古いタンスを「大型ゴミ」で行政に …

毎日発見して、毎日忘れる

 記憶ってものは、蓄積するものも少しはあるだろうけど、  毎日「そうだったのか!」って発見し、そしてその多くはその日のうちに忘れ、そして昨日までの記憶も日々忘れ去られていくものじゃないかと思う。  口 …