今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

こんなハズじゃなかった

投稿日:2020年4月1日 更新日:

 予想に反して起こった出来事に対して、

「こんなハズじゃなかった!」

「うまく行くハズだった!」

「ちゃんとお前に頼んだハズだぞ!」

「でもこれを乗り越えればうまくいくハズ、頑張ろう!」

この「はず」ってなんだ?

 「ハズ」は「筈」と書く。

筈は、弓道の用語。

 あの長い弓の上と下の部分で、弦を引っ掛けるところが弓筈(ゆはず)。

そして、矢の後ろの部分で弦に挟む方が矢筈(やはず)。

 弦の太さに対して、筈の切り込みの幅が狭かったりしたら、

 弦に矢筈がハマらない。

 筈で、ちゃんと固定できないと矢を射れないし、もし射ってもどこに飛んでいくか判らない。

 こんな筈じゃなかった!

この「筈」が「弦」と合わないとすべてがパーになってしまうのだ。

他にも弓道由来と思われる言葉がある。

「手の内を見せる」

この「手の内」とは、

 弓を持つ手(弓手ゆんで・左手と書いてゆんでとも読む)の弓の握り方。

 これがどのように弓を押すかで矢の飛び方に大きな違いが出る。

 なので、その握り方、手のひらのどこの部分で押すか、どう押すか、どう緩めるかは流派によって秘密になっていた。

 徐々にその秘密はゆるくなって広まるようになってきたが、その秘密を明らかにすることを「手の内を明かす」という。

 明かしてくれない「手の内」は、相手の「手の内をよむ」。

「かけがえのない」

 「かけ」とは、右手につける手袋のようなもの。自分に合った「かけ」は、人のかけを借りてやってもうまくいかないもの。いわゆる「かけがえのない」ものなのだ。

「勝手」

 台所のことを「おかって」というが、その「勝手」は右手のこと。左手は弓を持つので自由に使えないが、右手は自由に使える。昔の奥さんは台所だけは自由に使えたことから「お勝手」と呼ばれ、その入り口は「勝手口」、「勝手にしろ!」という使い方になった。

「満を持す」

 これも弓道用語。

 半月状の弓が、ギューっと引かれて半月から満月状になり、それを維持している状態。絶好の機会。

このように弓道由来の言葉って似て日常的に使っていたりします。

言葉の由来を調べるってこれだからやめられない。







-生活
-, , , ,

執筆者:


  1. Aki より:

    弓絡みで一番ピンとくるのは『手ぐすねを引く』ですかね、
    学生時代はギリ粉って呼んでいたのかなぁ、松やにだっけ?
    当時の弓は父親の物干し竿にされてるこの頃w

    • KURI より:

      Aki さん
      ギリ粉はカケにつける粉末の松脂だけど、
      弦につける「手ぐすね」は「手ぐすね」って呼んでましたっけ?
      あれってバイオリンの弓につける松脂と同じなんですかねぇ?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分から動けと言われても

 「言われていなかったのでやりませんでした」  「自分から行動を起こさないとダメだろう!」  「誰かの指示を待たずに、自分から動け!」  (でも『誰がそんなことやれって言った!』『勝手なことしやがって …

うちの嫁

どうも近頃テレビを見ていても、 いや、関西で暮らし始めてから特に感じるのが、 「うちの嫁」という言い方。 特にお笑い芸人さんが自分の配偶者を呼ぶ時にはほぼ「うちの嫁が」って言う。  「嫁」は、自分の& …

娘が買ってきてくれたおつまみは

 「どこで買ってきたの?」  と、言いたくなるようなおつまみ各種。  右端の「イカ足 甘醤油味」は、美味しかったのだが、なかなか顎が疲れる一品。  「骨せんべい」はパリパリっと食べやすくて美味しい。い …

 帰省した時に母が出してくれた料理は・・・

 30代  結婚して、子供ができて、その子供たちも小中学生になり、大勢で実家へ押しかけ帰省した  楽しみに待っていてくれた両親。 満面の笑みで迎えてくれた。前日から人数分の布団を干したり、食器も出して …

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …