今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 日本語

しんど

投稿日:

 小学生の頃に毎月読んでいた学研の「学習と科学」。それの「学習」の方だけ。今でも当然刊行されていると思っていたが、調べたら「学習」は2009年を最後に休刊になっていた。そして「科学」も翌年2010年には休刊になった。

 今日はその話じゃなくて、今でも憶えているその中に書いてあった「しんど」という単語。

 その「学習」と言う雑誌の中に、体操服を着たちょっと太めの小学生の女の子が汗を流して辛そうな顔で走っているイラストで、靴の下の地面には、少し地面が揺れるような波線が描かれていて、「あ〜 しんど」と吹き出しがついていた。

 私はそれを見て意味がわからなかった。今でこそ自分でも「あーしんど」「しんどいわ」とか言うが、その言葉を知ったのは大学時代だったろうか。今ではほぼ標準語になっている気がするが、その当時は関西の方言だったと思う。

 私はそのイラストと「あ〜しんど」の吹き出しを見て想像したのは、太った女の子がドシンドシンと走ることで地面が揺れて「あ、震度」と嘲笑うイラストかと思った。今から思えばそんなことを描くわけないのだが、「しんど」の意味がわからなかったのでそんなイメージを思い描いてしまった。

 それと似たような言葉で「えらい」と言うのもある。「ちょっとえらい」「えらくしんどい」「えらいわぁ」と色々なパターンがあるが、どちらも体調不良の表現。

 「えらい」「しんどい」「つらい」「だるい」「きつい」「つらい」「具合が悪い」・・・、北の方だと「こわい」だろうか。

 なんだか色々あって面白い。

 大阪で「具合が悪い」と言うと、「都合が悪い」「体裁が悪い」と言う意味にもなるし、そこんとこ「あんじょうやっといて」と言う言い回しもある。

 そしていつものように日本語は難しいけど、面白い。

-ひとりごと, 日本語

執筆者:


  1. Aki より:

    しんどいのが楽しいと感じられる時期もあったかなぁ、てか気の持ちようかな何事も…

  2. 一般人 より:

    学習の方だったんですね。
    以外です。
    てっきり、科学の人だと思ってました。

  3. しんちゃんママ より:

    >科学
    確か、付録が魅力的でしたね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

さよならiPod

 ちょっと見ると今のiPhone SEみたいにも見えるが、最後に買ったiPod touch。  今日の報道で、以後新しいiPod touchは発売されないと聞いた。とうとうこの時が来たかと思った。   …

無心にやる作業

 ふきを買ってきた。  塩を振って板摺りしてから熱湯で茹でて、冷水に落とす。  ここからが根気のいる作業の皮むき。  こういう作業って苦手だった。買ってきた分の1袋くらいならどうにかギリギリやることが …

報道って

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、 日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、 思ったほど必要ないかもしれないって感じた。 報じ方が悪いとか言う話じゃなくて …

立小便

 洋式トイレで男性が小用をする場合、蓋と座面を上に跳ね上げてから、立った状態で用を足した。  しかしその後、周囲に跳ねるやら、こぼすやら言われて、  不本意ながらズボンを下ろして座って済ますようになっ …

チャンネルを回す

 「チャンネルを回していい?」は使わなくなった。  「チャンネル変えていい?」さえ言わない。 見たい番組があれば録画しておく。テレビが空いている時に録画してある番組を見る。  ニュースと天気予報と、朝 …