今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

揚げ物 料理

すりおろしニンジン入りのメンチカツ

投稿日:

 今回は、すりおろしたニンジンをたっぷり入れたメンチカツを作ってみた。

 

 ・合い挽き肉 250g
 ・玉ねぎみじん切り 1個分
 ・すりおろしたニンジン 小2本分
 ・塩 適量
 ・砂糖 大さじ1
 ・卵 1個
 ・黒胡椒 適量
 ・トンカツソース 少々
 ・ケチャップ 少々
 ・パン粉 一握り
 ・すりおろしニンニク

 シンプルに作ろうと思いながらも、なんだかんだで色々入れてしまう。

 生地がゆるいと成型が難しいので、そのときはパン粉で調整するのと、しばらく冷蔵庫で冷やす。

 衣をつけるのは妻にやってもらう。こういう地道な作業は妻の方がとっても上手にやってくれる。

 150度〜160度の低めの温度の油でゆっくり揚げる。

 その方がお肉がジューシーに仕上がる。180度で揚げると、衣がキツネ色になっても中心部がナマだったり、揚げすぎると肉がパサパサになってしまう。トンカツもそうだが、低温で気長に揚げると美味しい。

 中はふわっとジューシーで美味しい。表面はパリパリ。

 トンカツソースとお好みでカラシとかケチャップも追加で。

小さめに作ればお弁当にも入れられて重宝する。



-揚げ物, 料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

片栗粉でわらび餅

 もうかなり有名なレシピだけど  今日もみんなで作って楽しかったので書いてみます  たっぷり4人分 片栗粉 100g砂糖 60g水 500ml  片手鍋に入れてダマがなくなるまでよく混ぜる  鍋を中火 …

5月中旬の常備菜

季節感があまりない感じになりました 左上 カボチャの甘煮右上 春菊と鶏むね肉の辛子味ぽん和え左下 こんにゃく2種と厚揚げの麺つゆ炒め右下 ほうれん草のごま和え カボチャの甘煮  ・かぼちゃは一口大に切 …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

鶏むねしっとりネギ塩

 一口サイズの鶏むね肉  下味は、塩と黒胡椒、みじん切りのニンニク、砂糖少々入れてモミモミ。  片栗粉をまぶしてからフライパンで両面焼く。  パリッと焼き上がったら、塩タレを投入。  塩タレ: 鶏ガラ …

むね肉は、これが一番簡単かも!

 「鶏ハム」とか「鶏天」とか「唐揚げ」「フライ」、むね肉料理はいろいろ作ってきましたが、一番簡単なのはなんだかんだでこの茹でたむね肉が一番簡単かもしれません。  大きめの鍋に水を沸かして、醤油と日本酒 …