今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

揚げ物 料理

すりおろしニンジン入りのメンチカツ

投稿日:

 今回は、すりおろしたニンジンをたっぷり入れたメンチカツを作ってみた。

 

 ・合い挽き肉 250g
 ・玉ねぎみじん切り 1個分
 ・すりおろしたニンジン 小2本分
 ・塩 適量
 ・砂糖 大さじ1
 ・卵 1個
 ・黒胡椒 適量
 ・トンカツソース 少々
 ・ケチャップ 少々
 ・パン粉 一握り
 ・すりおろしニンニク

 シンプルに作ろうと思いながらも、なんだかんだで色々入れてしまう。

 生地がゆるいと成型が難しいので、そのときはパン粉で調整するのと、しばらく冷蔵庫で冷やす。

 衣をつけるのは妻にやってもらう。こういう地道な作業は妻の方がとっても上手にやってくれる。

 150度〜160度の低めの温度の油でゆっくり揚げる。

 その方がお肉がジューシーに仕上がる。180度で揚げると、衣がキツネ色になっても中心部がナマだったり、揚げすぎると肉がパサパサになってしまう。トンカツもそうだが、低温で気長に揚げると美味しい。

 中はふわっとジューシーで美味しい。表面はパリパリ。

 トンカツソースとお好みでカラシとかケチャップも追加で。

小さめに作ればお弁当にも入れられて重宝する。



-揚げ物, 料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

白菜と胸肉の炒め物

白菜が1玉100円を切るようになると、毎日のように食卓に並ぶ。 漬物、鍋物、炒め物、煮物なんでもいける器用なやつ。 今回は鶏むね肉と一緒に炒め物。 胸肉の下味は、 醤油日本酒砂糖少々すり下ろし生姜コシ …

トースト

 本日の朝食  家内とふたり、日曜日の朝  NHK教育「日曜美術館」を見ながらゆったりとした時間。  ガーリックバターのソフトなフランスパンをトーストして  いい香りが部屋中に漂っているが、  とにか …

エビ豆

滋賀県独自のおかずメニューに「エビ豆」というものがあります。琵琶湖のスジエビと大豆を一緒に醤油とお砂糖で煮る(関西では炊くと言います)料理です。お惣菜コーナーでは当たり前のように売っていますし、スジエ …

殻付き牡蠣でカキフライ

この前、殻付きカキを食べたのはいつだろうとブログを検索してみたら、  昨年の1月末だった。  今回も食べ切れないほどたくさんいただいたので、  一部は息子家族へお裾分け。  添付されていた「食べ方」に …