今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと イラスト

ずっとM78星雲だと思っていたけど

投稿日:

 先日観た「シン・ウルトラマン」の主題歌が、米津玄師氏の「M八七」。

 え?「M78」じゃないの?と思ったが、「M87」らしい。

 米津氏もインタビューで、最初は「M78」と言うタイトルだったと語っている。

 当初、昔のウルトラマンの企画の時点では「M87星雲」であったのだが、脚本印刷時に誤記されてそれがそのまま放送されてしまったらしい。それ以来「M78星雲」だったという。

 でも今回の映画では元の企画通り「M87」で通している。

 M78星雲もM87も、どちらも実在する。M78星雲は、オリオン座の三つ星の一番左の星の少し上の方にある。おそらくそこには「光の国」はないと思うが、夢は広がる。

 一方、M87は乙女座にある。この6月だと夜8時頃には南の空に見えている。その乙女の頭のあたりM87があり、その中心には「超大質量ブラックホール」があることで有名なのだ。どのくらい超大質量かというと、太陽質量の65億倍というから、ブルゾンちえみの「35億!」どころじゃない。

 先月、「天の川銀河中心のブラックホールの撮影に成功」というニュースが流れた。その時に比較対象としてM87の超大質量ブラックホールの写真まで出てきて、ほら似ているでしょう?と言っていた。

 今回の天の川銀河ブラックホールはどのくらいの質量かというと、太陽質量400万倍。M87のブラックホールの65億倍と比べるとかなり小さい感じだが、「太陽質量の400万倍」でもどれだけ凄いのかイメージさえ湧かない。

 そのM87は、地球からどのくらいの距離にあるかというと5500万光年。

 宇宙戦艦ヤマトが地球からイスカンダルまでワープ航法を使って移動した距離が、14万8000光年だから、イスカンダルより360倍くらい遠い。

 望遠鏡でM87を見たとしたら、その光は5500万年前にM87から発せられたものだということだ。5500万年前というと、恐竜が絶滅してから1000万年後くらい。と言われても、やっぱり全然イメージがわかない。

 そんな遠くからウルトラマンはやってきてくれた。

 今でもよくわからないのは、

 ウルトラマンはどうしてあそこまでして、地球人を守ってくれるのだろう?

 やはり弥勒菩薩に違いない。

 そうに違いない。

 描いてみると、その美しさに圧倒される。

-ひとりごと, イラスト

執筆者:


  1. Aki より:

    天文に興味を持ち始めで初めてM78を知った時、なんでこれを光の国にしたのか、どうせなら上のオリオン大星雲M42にすればいいのにって思っていたけど謎が解けてよかった!

    • KURI より:

      Akiさん
       >なんでこれを光の国にしたのか
       確かにその通り! なんでこんなにマイナーな星雲?って子供ながらにそう思いました。

  2. しんちゃんママ より:

    >宇宙戦艦ヤマト
      →なぜか、しんちゃん出産時、頭の中に〝宇宙戦艦ヤマト〟が出てきました。
       出産後、先生と助産師さん(奥様)に話したら、大笑い。
       今でも医院跡(柏)を通ると、思い出します。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       出産時に宇宙戦艦ヤマトですか!? 出産経験がないのでわかりませんが、そんなイメージなんでしょうか?(^_^)

  3. カラス より:

    宇宙の中の人間は、進化が遅れた微生物のようなものかもしれない。
    我々が考えも及ばない超進化生物体が、宇宙のどこからか地球を観察し侵略を狙うことは、想像を超え確信に迫るだろう。
    小さな人間同士、領土問題で揉め、殺し合いをしている場合ではない。o(o|o)/

    ところでハナシは少し変わりますが
    記事内の似顔絵は、キョンキョンでしょうか?^^

    • KURI より:

      カラスさん
       私もウルトラマンにとって地球人なんて、興味深い生き物だとは思いますが、自分の命を賭してまで守る存在とは思えない。他の異星人のように侵略して征服するのが当然のように思うのです。
      ウルトラマンとは一体「何者」なのでしょうね?

       あの似顔絵はお察しの通り、キョンキョンです。(^_^) ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ボーッとごっこ

 電車に乗って周りをぐるりと見渡してみると、  8割くらいの人がスマートフォンを見ている。大昔なら新聞を広げたり、本を読む人もいたが、今では新聞は皆無で、文庫本が車両にひとりか二人。学生さんが参考書な …

明日も自分でいられますように

 長いこと日記を書いていると、  「あの頃の自分はこんなことを考えていたのか」と思うことが多い。  「いいこと言うじゃん」と思ったり、  「バカだなこいつ」と思ったり、  「そんなことで悩んでいたんだ …

体に食べさせる

 写真にちょこんと写っている「納豆」。  主食がご飯の時は、必ずというほど食べている。「大好き」とはちょっと違う。自分の体に食べさせられている感じがする食べ物。食後に服用する薬みたいな感覚。  2年ほ …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

イライラしていたのは

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?  なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。  でも、結果はいつも違う形になる。  それ …