今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 子育て

そういうことなのよ

投稿日:

 子供の頃、親や祖父母によく言われた。

「そんな格好で寒くないの?もう一枚履いた方がいいんじゃない?」

「寒くないよ」って答えても、

「冷やしちゃだめ」と、無理やりに「股引(ズボン下)」や長袖下着を着せられた記憶がある。

 今になって「そういうことだったのか」ってわかるようになった。

 自分が寒いのだ。

 首周りが寒い、膝から下が冷たい、手足が冷える。

 そう言いながら、1枚増え、またもう一枚と着るものが増えていく。

 実家に帰省した時に、こたつに座る父の姿は、下着とシャツとセーターとマフラーとハンテンと。

 着ぶくれして着ぐるみキャラクターみたいになっていたが、

 今の自分の姿がまさしくそれになっていて、

 「そういうことだったのか」と納得している。

 あまりに薄着でいる孫を見ては、「それで寒くないんだよね?」と息子夫婦に聞く、

 「せめて靴下は履かせた方がいいんじゃない?」と。

 

 履かせてもすぐ脱いじゃうし、着せると汗かいて逆に冷えるからと言われて、

 あぁ、自分もそうやって親に言っていたっけと思い出した。

 「見ているこっちが寒くなっちゃう」と、

 その時に親に言われたセリフを自分が同じように言っている。

 

-ひとりごと, 子育て

執筆者:


  1. Aki より:

    我らの父親は何もやらないから、運動量が少なく特に着ぶくれ、
    あんな風にはだけはなりたくないって反面教師です。

    • KURI より:

      Akiさん
      やっと暖かくなってきたので、何枚か脱げそうです。まだ寝るときは布団の中にアンカ入れていますけど。

  2. アプリ より:

    子供は薄着でも寒くないようですね。
    先週の土曜日は、最高温度10℃ほど、朝は畑が凍ってました。
    その場所では今年初の出張販売で神社の境内なのですが、大木があって日陰のせいもあって寒かったです、ダウンのジャケットを着ていかずに後悔しました。(フリースを羽織ってました)
    しかし、子連れの親子を見ていると親はちゃんと冬のダウンなどなのに、子供はジャケットも着てなくて駆け回っているせいか元気そのものでした。中には半袖の子もいたりしました。

    確かに、自分が寒いから、それで心配して着ていきなさいと心配するのでしょうね。

    • KURI より:

      アプリさん
      先週はまだ寒かったですよねー。私の職場も当たり前のように暖房を入れていましたが、今日は冷房です。子どもは風の子、ジジババは火の子。
      私は暑いのは大丈夫ですが、寒いのは苦手です。

  3. 匿名 より:

    秋から春までしんちゃんパパは出勤前、必ず、
    「きょう、寒い?どれを着たらいい?」と聞きます。
    「体感が違うから、自分で判断してください!」と答えます。
    冬のジャケット用スラックスも、某紳士服店で一番温か素材のを購入。
      ⇒その下に、ユニクロのヒートテックタイツ着用。

    しんちゃん兄弟の幼稚園、床暖房&エアコンが設置されていて、
    1年中、園内では半そで可。(制服なし)
    その影響でしんちゃんママも部屋を暖かくし、真冬でも7分袖。
    しんちゃんパパはエアコン&足元ヒーターつけて、着ぶくれしています。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      >「きょう、寒い?どれを着たらいい?」
       わかるなぁ。(^_^) 夫婦で出かける時に、それぞれの部屋で着替えて玄関で集合した時に、お互いに服装を見て再び部屋に戻ることがあります。
      >エアコン&足元ヒーターつけて、着ぶくれしています。
       私も真冬はそんな感じです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

栓抜き

 もうすっかり栓抜きを使わなくなった。最後に使ったのはいつだろうと思うほどだ。  子供たちに言うと驚かれるが、  「昔は電車の各座席ごとに”栓抜き”と”灰皿”がついていたんだよね」  「えー〜ー!マジ …

深夜放送

中学高校時代は深夜放送をよく聴いていました。特に高校時代は深夜放送を聴きそびれたら次の日は学校に行っても話題についていけないほどでした。 今は深夜放送はリアルタイムでは聴いていませんが、世の中は便利に …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …

まだ若いのに

 自分よりちょっとでも年齢が若いだけでそう思ってしまう傾向になる。  「まだまだ若いのに」  そして、自分も言われる。  「まだ若いからわからないだろうけど」 「まだ若いのにそんなこと言っててどうする …

立小便

 洋式トイレで男性が小用をする場合、蓋と座面を上に跳ね上げてから、立った状態で用を足した。  しかしその後、周囲に跳ねるやら、こぼすやら言われて、  不本意ながらズボンを下ろして座って済ますようになっ …