今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

そのうち時間なんていっぱい出来るよ

投稿日:

 自分が厄年の頃だったろうか。

 子供たちが幼稚園から小学生、中学生と揃っていた頃。それぞれの学校行事が重なり、毎日がてんやわんやで時間がいくらあっても足りない日々だった。

 そんな時に近所のおばちゃんとすれ違って「いつも忙しそうやなぁ」、

 「なんだかいつもバタバタですよ〜」と応えると、

 「そのうち時間なんていっぱい出来るようになるから、あともう少しや。楽しんどき!」と言ってもらった。

 子供たちもみんな成人した現在、のんびり植木鉢の草花に水をやっているとその時の台詞を思い出す。

 メダカに餌をやったり、のんびりひとりでゲームをやったりする時間もある。

 「休日の日くらい、たまには一人でのんびり好きな本でも読みたいわ」と思った時もあった。

 今はやろうと思ったらそれも出来るが、老眼で文庫本は読みづらいし、ハードカバーは重くて腕がだるくなる。同じ姿勢を長時間続けると体もギクシャクするから、どこか散歩している方が楽だ。

 今日は何も予定がないと言う休日があることに自分で驚いている。

 忙しい頃は、なんであんなに忙しかったのだろう?とさえ思ったりする。

 今は息子夫婦がそうだ。幼い子を二人抱えてなんだかいつも走り回っている。

 それを懐かしく遠くを見るように目を細める。

 「手伝えることがあったら言ってね」と言っても、なんでも自分たちで済ませてくれる。

 自分もそうだったな。

 あまり口出しせずに、そっと見守るくらいにしておこう。

 遠くで心配するくらいにしておこうと思うばかり。

 何かあったら言ってくるだろう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いざ無くなってみると思い出せない

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。  「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」  こんなに広いのに、思い出せない。  確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな? …

散歩の楽しみ

日常的に散歩をしている私にとって、散歩の何が楽しいかというと、なんでも受け止めてくれる懐の深さだ。と書くと大袈裟だけど。 何事も飽きっぽい私が続けていられるのは、私のマイブームにいつでも付き合ってくれ …

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …

仏壇

 義母がひとりで仏壇のお世話をしてきたが、  その義母が亡くなってからはこちらが受け継ぐことになった。元々妻の実家のことであるから、宗派も異なるしやり方が全くわからない。  お彼岸だとか盆や正月では、 …

日記

パソコンに日記を書き始めてもう6年になる。  最初はスマホの1日3行ほどの日記だったが、そこからEvernoteに書くようになり、そして現在のApple純正アプリの「メモ」に移行した。  途中半年くら …