今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

それって四葉のクローバー?

投稿日:2020年3月23日 更新日:

左はカタバミ 、右がクローバー

 下手くそなイラストで申し訳ない。

 二つの「四葉のクローバー」らしきイラスト。さてどちらが正解でしょうか?

 左は葉がハート型、右は丸っこい。

 クローバーとは、「シロツメクサ」のことでマメ亜科シャジクソウ属の多年草。シャジクは「車軸」。並んだ葉が「車軸」のようだからです。

 シロツメクサは、白い「爪(ツメ)」ではなくて、「詰め」。

 梱包する時の緩衝材として使われたのが由来で「詰め草」。

シロツメクサ(クローバー)です

 最初のイラストで右側がクローバーです。

 それでは左側はなんでしょう?

 よく四葉のクローバーのイラストが描かれていますが、葉がハート型のものもあります。ももいろクローバーZのロゴもよく見ると・・・。

ハート型の葉は「カタバミ 」という植物でクローバーではありません。

カタバミ科カタバミ属の多年草で、クローバーとは全く違う植物です。

 咲かせる花もシロツメクサと全く違って小さい黄色い花。

カタバミ は「片喰」と書きます。
繁殖力は半端なく、駆除はほぼ不可能。

 そんなことから、子孫繁栄を願ってか、家紋にも多く使われています。有名なところでは長曾我部元親でしょうか。

 それだけ生命力があると、四つ葉になる可能性もクローバーに比較すると少ないとか。可能性が少ない上に、頑張って見つけてもそれがカタバミ だったら残念なので、葉がハート型ではない「クローバー(シロツメクサ」で探してみましょう!

 グッドラック!







-生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

窓から見える風景

 以前住んでいた家では、  窓を開ければ隣の家の窓があった。  その隣家の窓を手で開けられるくらい近かった。  今度の家も、そういう窓もあるが、  一つだけ見晴らしのいい窓がある。  自分がいつも登る …

散歩の楽しみ

日常的に散歩をしている私にとって、散歩の何が楽しいかというと、なんでも受け止めてくれる懐の深さだ。と書くと大袈裟だけど。 何事も飽きっぽい私が続けていられるのは、私のマイブームにいつでも付き合ってくれ …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …

微妙とは

「昨日紹介したあの人どうだった?」 「う〜ん、ビミョーかなぁ?なんかピンと来ないんだよねぇ。」 「微妙」と言う言葉は、マイナスイメージで使われることが多い。 昨日は三井寺を歩いた。  金堂から観音堂に …

楽しいことを見つける

 自分は何をしている時が楽しいのか。  ギターを弾いている時、  ピアノの鍵盤を叩いている時、  適当なイラストを描いている時、  好きな音楽を流しながら文章を書いている時、  湖岸を走っている時、 …