今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 草花

たなびく雲は絶えずして、しかも本の雲にあらず

投稿日:

 湖岸を散歩中に見上げると、噴水のサーチライトの上に不思議な雲あり。

 その3分後には、

 雲が拡散していき

 そして発見してから10分後には、跡形もなく曇り空になった。

 こんな短時間に移り変わる空の模様は、見ていて飽きない。

 川の流れも同じであるし、それは洗濯機の渦も同様だろうと思う。

 ずーっと見ていられる。

 メダカたちの水鉢もそうだし、日々変化していく植木鉢の植物も同じ。

 アボカドも土に植えてからも元気でいてくれる。

 ↑5日前に生けた花も、

 ↓今は芍薬も開いてきた。

 ご近所さんにいただいたユリの花も香り高く、

 休日の朝に作った茶色の常備菜とツーショットで。

 早朝から地域の一斉清掃でご近所さんたち一同と久しぶりの談笑が楽しかった。

 妻が、生花の水を換えようとしたら、芍薬の花びらがはらはらと落ちてきて、

 あらあらと言っている間に花の形が崩れてしまった。なんということでしょう。

 おあつらえ向きに百合を頂いたので、芍薬の場所に百合を。

 これはこれでアリかな。

-出来事, 草花

執筆者:


  1. Aki より:

    琵琶湖六郎って独特な雲ができるのですね、ちょっと見てみたいな♪

    • KURI より:

      Akiさん
      琵琶湖六郎、よくご存知ですね。こちらのローカルニュースで紹介された時に「あ、それ見たことある!」って思いました、琵琶湖西岸の比叡山ー比良山系の東側にロールケーキみたいない雲が南北にかけて浮かびます。
      琵琶湖はいろいろ飽きません。

  2. しんちゃんママ より:

    >あらあらと言っている間に花の形が崩れてしまった
     ⇒そうなんですよね。
      我が家の今年の芍薬も同じく。。。
      そこにユリとはグッドジョブ。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       水換えの時にお花に触らなければ崩れなかったかもしれませんが、一度崩れ出したらもうダメですね。ガラガラと崩壊していきました。
      たまたま良いタイミングでユリをいただきました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

霊仙山の動画

 先日登った滋賀県「霊仙山」の動画をYouTubeにアップしてみました。  撮影した動画や写真を順に配置して、その繋ぎ目を加工して、タイトルや字幕を入れて、著作権フリーの音楽を探して挿入していく。   …

久しぶりのコンビーフ

 コンビーフを買ったのは何十年ぶりだろう?  いつの間にやら特殊な缶詰でなくなり、形状は似ているものの、ヨーグルトのように透明のキャップを外し、アルミ箔のような蓋をペリペリとめくる。  とても開けやす …

口が回らない

 いや、呂律がまわらないというほどではないのだが、いわゆる早口言葉とかが以前よりも言いづらくなっているような気がする。  近頃よく耳にする言葉では「重症者数(じゅうしょうしゃすう)」とか「感染者数(か …

3回投げて全部はずれ

 コタツで寝っ転がった状態から  ティッシュを丸めてゴミ箱に投げる。  「あぁもう!」  フチに当たって外れた。  カラダを伸ばして落ちたティッシュをとって、  ちょっと無理な格好でもう一度試みるが、 …

暑い時、作り始めて後悔する

 こんな暑い日の真っ昼間に、どうしてオーブンを使うものを作ろうと思ったんだろう?  って、予熱をセットするときに、ふと思う。  冷蔵庫の奥の方でカチカチに固まっていたマシュマロを、ケーキ型に置いて、 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲