今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

揚げ物 料理 鶏むね肉

とり天好き

投稿日:

  とり天を初めて食べたのは、それほど昔ではない。

  たまたま大阪で入った店の看板メニューで、おかわり自由だった。

  その時点では「とり天って何?」と思った。

  「鳥の唐揚げ」や「焼き鳥」じゃなくて、天ぷら?

  でもいただいてみると、新しい食感で新鮮だった。

  なにしろ自宅で作るにあたって、安くて簡単で美味しい。

  うちの近所には、鶏むね肉が常時100g 38円で売っている肉屋さんがあるので、

  今回これだけの量のとり天を揚げても、鶏肉代はたったの170円。

  基本的な作り方は、一口サイズに切った鶏むね肉に下味をつけて、市販の天ぷら粉で揚げる。油の温度は170度〜180度くらい。

 下味を変えるとバリエーションが出せる。塩胡椒だけにして食べる時につけるソースで変化をつける方法。

 下味で濃いめに味付けして、食べる時はそのまま食べる方法。

 その下味も、砂糖醤油の和風系、タイムやバジル、コリアンダーなどのスパイス系、ニンニクや生姜など、いくらでもバリエーションがきく。

 今回は、すり下ろしたニンニクと塩、そしてごま油で下味をつけた。そして、生地は、

 いつもは市販の天ぷら粉を規定通りの水を入れて作っていたが、

 今回は天ぷら粉と卵、片栗粉、青のりを入れて、ややフワッとした食感になるようにしてみた。

 これはこれで美味しかった。

 ついつい食べ過ぎてしまうというきらいがあるが、満足感は高い。



-揚げ物, 料理, 鶏むね肉
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    グラム38円は驚異的さすがに30円台は知りません!
    天ぷらのデメリットは衣の分カロリーが増えることでしょうか、でもムネ肉のパサパサ感は消えるのかな…関西の小麦粉文化の一角を担ってますね。

    • KURI より:

      Akiさん、そのお店はどの肉も安いんです。むね肉は他店では安くて100g58円まで。手羽元も安くて、5本で120円くらい。びっくりです。
      このとり天は「大分名物」らしいです。九州料理のお店でした。関西では「とり天」ってあまり見かけません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ほうれん草のお浸し

 「ほうれん草のお浸し」なんて、  ほうれん草を茹でて、お醤油かけて削り節をのせて出来上がりと言う簡単なものかと思っていた。ずっとずっとそんな食べ方をして来た。  それが変わったのがつい最近のこと。京 …

5月7日の常備菜

 野菜直売所に行った  絹さや、スナップエンドウ、エンドウ豆がいっぱい  なかったのは、キャベツや大根  スーパーに行ったらキャベツは1玉 500円で売っていた  ということで、今回の常備菜は4種類 …

豚キムチ

 豚キムチという料理をどこかのお店で食べたことがないので、実際はどういうものなのかをはっきりと知らない。  ということで、自分なりに豚肉とキムチを合わせて炒めてみた。  豚肉は、冷凍庫にストックしてあ …

豚ロース薄切りとオレンジで

 豚ロース薄切り肉とオレンジを使って炒め物  オレンジは皮を剥いて、薄皮も取って、実だけにする  こういう面倒な作業は、家内にやってもらった  豚ロース薄切り肉に軽く塩コショウして  フライパンにはオ …

娘に教えたチャーハン

 久しぶりに帰ってきた次女が「チャーハン」食べたいと言うので  最近いつも料理を教えている三女にチャーハンの作り方を教えた  冷蔵庫を開けたら焼き豚やハムもないので、ウインナーを細かく刻み  薬味用の …