今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

とんかつ屋にて

投稿日:

 「え? なんて? そうそう、そうなんよ。あれには参ったわ。」

 妻とトンカツ屋に入って、隣の席から聞こえて来る少し大きめの声。

 「それでな、そいつのかあちゃんはまだ出てこうへんねん。おかしいやろ?」

 私はメニューを広げて、「ロースカツ定食二つください」と店員さんに注文した。

 「食後のコーヒーいる? 今日はいいか。それじゃそれだけで、お願いします」と言ってメニューを返した。

 隣からは相変わらず賑やかな声。

 「だから言うたってん。『それはあんたが悪いやろ』って。だってそうやろ?誰が考えてもおかしいやん」

 お隣は、すでにトンカツは食べ終わって、瓶ビールとお漬物で盛り上がっているようだ。

 怒っているようにも聞こえるが、始終うれしそうに満面の笑みで喋っておられる。

 見た感じは、70歳前くらいの男性で、尾形イッセーに雰囲気が似ている。

 「でもな、そいつは根性なしやねん。『そんなん、きつう言うたったればええやん』と言うてもよう言わへんねん。」

 思ったよりも定食は早く持ってきてくれた。

 私「ドレッシングは和風にしようかな? カラシ取ってくれる? あ、ありがとう」

 徐に妻がこちらに顔を近づけてきて、

 妻「隣の人、盛り上がってるね?」と小さな声で呟く。

 私「うん」  妻「でもさ、知ってた? お隣、一人なんだよ。」

 私「え?マジか!? それじゃあれって独り言? 誰かと電話しているとかでもなくて?」

 妻「そう。 私もやれって言われればできるけどさ。」(^^)

 私「いや、やらなくていいけど」

 街を歩いていても、一人で大声で喋っている人がいて振りかえること多いけど、

 大抵あれはイヤホン付けて電話していることがほとんどだ。

 でも、大きな声で独り言というか、一人で誰かと会話している人も以前より見かけるようになったかな。

 公園のベンチとか、バス停のベンチとか。

 ショッピングモールを歩きながらとか。

 イヤホンを差していたり、スマートフォンを持って喋っていたりだったら、通話中かな?って思うけど。

 でも、トンカツ屋さんで「ひとりバーチャル飲み会」は初めてだった。

 バーチャルな相手のセリフは喋らないけど、

 聞き取りにくところは「え?なんて?」って、耳を目の前に居ない相手に近づける所作までするという芸の細かさがある。

 もしかしたら、あれは落語や一人芝居の練習だったのだろうか?

 それは私たちが入店し、食べ終わって会計した後でも続いていた。

 あれはあれで幸せなんだろうな。

 だって、それはそれは楽しそうに、

 素敵な笑顔で盛り上がっていたもの。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

皆既月食散歩

 いつものウォーキングの時間。  東の空では素晴らしい天体ショーが繰り広げられていた。  いつもより賑やかな湖岸には、望遠鏡や望遠レンズ、双眼鏡を三脚に載せて観測している人から、  散歩のついでに腰を …

京都奥座敷「貴船神社」紅葉

 「紅葉三部作」最後は、京都の奥座敷と呼ばれている「貴船神社」です。  自宅から電車を乗り継いで、1時間と20分。  着いた駅から歩いて30分で貴船神社の総本宮に到着。  そこからさらに25分歩いて、 …

報道って

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、 日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、 思ったほど必要ないかもしれないって感じた。 報じ方が悪いとか言う話じゃなくて …

慣れてしまうと

「方丈記」を読んで感動して、 下鴨神社の河合神社へ赴いて方丈の庵の復元したものを見に行き、  さらに方丈記に関する書籍を読んで気分を盛り上げて、  今度は、実際に方丈の庵があった場所に行ってみたくなっ …

うれしいような悔しいような

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」  今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。  子供が大きくなってきたら、 「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた …