今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

とんかつ屋にて

投稿日:

 「え? なんて? そうそう、そうなんよ。あれには参ったわ。」

 妻とトンカツ屋に入って、隣の席から聞こえて来る少し大きめの声。

 「それでな、そいつのかあちゃんはまだ出てこうへんねん。おかしいやろ?」

 私はメニューを広げて、「ロースカツ定食二つください」と店員さんに注文した。

 「食後のコーヒーいる? 今日はいいか。それじゃそれだけで、お願いします」と言ってメニューを返した。

 隣からは相変わらず賑やかな声。

 「だから言うたってん。『それはあんたが悪いやろ』って。だってそうやろ?誰が考えてもおかしいやん」

 お隣は、すでにトンカツは食べ終わって、瓶ビールとお漬物で盛り上がっているようだ。

 怒っているようにも聞こえるが、始終うれしそうに満面の笑みで喋っておられる。

 見た感じは、70歳前くらいの男性で、尾形イッセーに雰囲気が似ている。

 「でもな、そいつは根性なしやねん。『そんなん、きつう言うたったればええやん』と言うてもよう言わへんねん。」

 思ったよりも定食は早く持ってきてくれた。

 私「ドレッシングは和風にしようかな? カラシ取ってくれる? あ、ありがとう」

 徐に妻がこちらに顔を近づけてきて、

 妻「隣の人、盛り上がってるね?」と小さな声で呟く。

 私「うん」  妻「でもさ、知ってた? お隣、一人なんだよ。」

 私「え?マジか!? それじゃあれって独り言? 誰かと電話しているとかでもなくて?」

 妻「そう。 私もやれって言われればできるけどさ。」(^^)

 私「いや、やらなくていいけど」

 街を歩いていても、一人で大声で喋っている人がいて振りかえること多いけど、

 大抵あれはイヤホン付けて電話していることがほとんどだ。

 でも、大きな声で独り言というか、一人で誰かと会話している人も以前より見かけるようになったかな。

 公園のベンチとか、バス停のベンチとか。

 ショッピングモールを歩きながらとか。

 イヤホンを差していたり、スマートフォンを持って喋っていたりだったら、通話中かな?って思うけど。

 でも、トンカツ屋さんで「ひとりバーチャル飲み会」は初めてだった。

 バーチャルな相手のセリフは喋らないけど、

 聞き取りにくところは「え?なんて?」って、耳を目の前に居ない相手に近づける所作までするという芸の細かさがある。

 もしかしたら、あれは落語や一人芝居の練習だったのだろうか?

 それは私たちが入店し、食べ終わって会計した後でも続いていた。

 あれはあれで幸せなんだろうな。

 だって、それはそれは楽しそうに、

 素敵な笑顔で盛り上がっていたもの。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

熱っ!

 小さい頃、お風呂が熱くて入れないことが多かった気がする。  大人は平気な顔して入っているのに、  自分が入ると、膝まで入ってもう熱くてギブアップ。  水を入れてぬるくし過ぎたら叱られた。  温泉など …

フライパンで今川焼き:失敗編

 朝ドラ「カムカムエビリバディ」を見ていて、回転焼き(今川焼き、大判焼き、御座候)が食べたくなった。  あの独特の金型がないと上手に焼けないだろうけど、どうにかフライパンで出来ないものかとやってみた。 …

出前

 今までも「出前」というものをあまり利用したことがなかった。  子供の頃には、蕎麦屋に頼んだことはちょこちょこあって、それが楽しみでもあった。  街中を出前のカブが行き来していたし、かなりの注文があっ …

特別警報

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。  ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。  その時は「紫色」だった。  今回(2021年夏)の特別警報では、  「 …

目が欲しがる

 「目が欲しがるんだよね。」  大木こだま師匠だったら、  「目は欲しがらへんやろう〜」と、ぼやくところだろうが、  「目は欲しがるんだけど、ついつい食べてしまうといつも胸焼けしちゃうのよねぇ」  「 …