今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ライフシフト

どこでどう咲くか?

投稿日:

「嫌われる勇気」を読んで自分が変われば世界が変わると思ったが、それができれば世話ないとも思った。

「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、とどめを刺された。そうは言ってもなかなかできるもんじゃないですよ。

 それよりも「西の魔女が死んだ」の中の台詞で、

「サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、だれがシロクマを責めますか。」

 こちらの方がよほどスッと沁み込んでくる。そしてほっと出来る。

 人生その時その時で、自分が生きやすい場所で生きられたら一番いいじゃないかと。いつかその場所に逃げられるという希望を抱き続けてはいけないのか?

 実際に生きやすい場所にたどり着けるかどうかわからない。たどり着けないかもしれない。でも、「置かれた場所で咲きなさい」と言われた時の絶望感と言ったら。

 アドラー先生がおっしゃるように、

「あなたが引きこもっているのは、あなたが引きこもっている方が都合がいいから引きこもっているのです。抜け出したいのでなく、引きこもることが目的で、外に出られない理由イコール引きこもりたい言い訳でもあるのです。」と言われたら。

 確かにそうかもしれないけど、その通りかもしれないけど、あまりに厳しく残酷ではないですか。

  生きていくって大変だということはつくづくそう思えるようになりました。

  そのくらいで大変だなんて言うなと言われたそうかもしれないけど。 人はそんなに強くはないです。



-ライフシフト
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

50代からの自尊心

 50過ぎまで生きてくると、ほんの少しの成功話と数多くの失敗話を酒を飲みながら語れるようになってくる。そして、それを気持ちよく後輩に話しては鬱陶しがられるのも悲しい現実であったりする。  自分の数少な …

自分から出力することの大切さ

 今の気持ちをタイピングしたり、ペンで書いたり。  心の内を独白したり、聞いてもらったり。  心のもやもやを絵に描いてみたり、描き殴ってみたり。  叫んでみたり、怒鳴ってみたり。  口ずさんでみたり、 …

子育てはわからん(ジジババ編)

 親として5人の子を育て、  今度は孫を見守る立場になった。  子育て期間の平成が過ぎ、令和は孫というわかりやすい境界線で、その時代とともに子育て情報が移り変わり、使われる道具も変わってくる。  抱っ …

夜の散歩

 私にとって朝早く起きて散歩に出かけるのは、なかなかハードルが高い。  なので、仕事を終えて晩ご飯を作って食べて、お茶をいただいてから着替えて出かける。  昼間とは別の世界が広がる夜の散歩道は、私にと …

結局いつものところにたどり着く

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。  当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。  感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。  どうして …