今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト

どこでどう咲くか?

投稿日:

「嫌われる勇気」を読んで自分が変われば世界が変わると思ったが、それができれば世話ないとも思った。

「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、とどめを刺された。そうは言ってもなかなかできるもんじゃないですよ。

 それよりも「西の魔女が死んだ」の中の台詞で、

「サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、だれがシロクマを責めますか。」

 こちらの方がよほどスッと沁み込んでくる。そしてほっと出来る。

 人生その時その時で、自分が生きやすい場所で生きられたら一番いいじゃないかと。いつかその場所に逃げられるという希望を抱き続けてはいけないのか?

 実際に生きやすい場所にたどり着けるかどうかわからない。たどり着けないかもしれない。でも、「置かれた場所で咲きなさい」と言われた時の絶望感と言ったら。

 アドラー先生がおっしゃるように、

「あなたが引きこもっているのは、あなたが引きこもっている方が都合がいいから引きこもっているのです。抜け出したいのでなく、引きこもることが目的で、外に出られない理由イコール引きこもりたい言い訳でもあるのです。」と言われたら。

 確かにそうかもしれないけど、その通りかもしれないけど、あまりに厳しく残酷ではないですか。

  生きていくって大変だということはつくづくそう思えるようになりました。

  そのくらいで大変だなんて言うなと言われたそうかもしれないけど。 人はそんなに強くはないです。



-ライフシフト
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

50代からの自尊心

 50過ぎまで生きてくると、ほんの少しの成功話と数多くの失敗話を酒を飲みながら語れるようになってくる。そして、それを気持ちよく後輩に話しては鬱陶しがられるのも悲しい現実であったりする。  自分の数少な …

夫婦の会話「ひとりになりたい時は」

 ひとりが好きだけど寂しがり屋。  ひとりになりたい時にどこに行くか? 妻と話した。 妻「ひとりになりたい時は、人混みに入りたくなるんだよね」 私「俺は散歩に出かけたり、山を歩いたりかなぁ」 妻「孤独 …

お皿のフチの汚れ

 子供が小さい頃は、こんな大皿に毎晩3皿分のおかずを作って  食卓にドンと置いて、さぁ食え!とばかりにダイナミックに並べた  その時には、お皿のフチについた小さな汚れなど気にもしなかった いつしか大皿 …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …

散歩の楽しみ

日常的に散歩をしている私にとって、散歩の何が楽しいかというと、なんでも受け止めてくれる懐の深さだ。と書くと大袈裟だけど。 何事も飽きっぽい私が続けていられるのは、私のマイブームにいつでも付き合ってくれ …