今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト

どこでどう咲くか?

投稿日:

「嫌われる勇気」を読んで自分が変われば世界が変わると思ったが、それができれば世話ないとも思った。

「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、とどめを刺された。そうは言ってもなかなかできるもんじゃないですよ。

 それよりも「西の魔女が死んだ」の中の台詞で、

「サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、だれがシロクマを責めますか。」

 こちらの方がよほどスッと沁み込んでくる。そしてほっと出来る。

 人生その時その時で、自分が生きやすい場所で生きられたら一番いいじゃないかと。いつかその場所に逃げられるという希望を抱き続けてはいけないのか?

 実際に生きやすい場所にたどり着けるかどうかわからない。たどり着けないかもしれない。でも、「置かれた場所で咲きなさい」と言われた時の絶望感と言ったら。

 アドラー先生がおっしゃるように、

「あなたが引きこもっているのは、あなたが引きこもっている方が都合がいいから引きこもっているのです。抜け出したいのでなく、引きこもることが目的で、外に出られない理由イコール引きこもりたい言い訳でもあるのです。」と言われたら。

 確かにそうかもしれないけど、その通りかもしれないけど、あまりに厳しく残酷ではないですか。

  生きていくって大変だということはつくづくそう思えるようになりました。

  そのくらいで大変だなんて言うなと言われたそうかもしれないけど。 人はそんなに強くはないです。



-ライフシフト
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もしもこの宇宙が一つの滴だったら

そんなこと考えたことないだろうか?  この広い大宇宙が、実はある世界の一雫の中であったなら。  自分がこの体の中に住む一つの常在菌だとしたら、この体は一つの膜らしきものに被われた大宇宙であり、それこそ …

卵や小魚

 子供の頃は、タラコやイクラ、そしてチリメンジャコなど  「これを育てたら大きくなるのに、なんでこんな小さいうちに食べちゃうのだろう?もったいない。」って思っていた。  実際は、それを大きく育てるため …

手紙のありがたみ

長いこと手紙を書いてきた 遠く離れた母へそして、叔父や叔母たちへ仲人さん従姉妹にも書いたそして、親友にも 故郷を離れたから書けたのだと思う生まれ故郷に住んでいたら書いていなかっただろう しかし、母も亡 …

昨日の自分と今日の自分

 昨日の自分と今日の自分で、同じところがあるだろうか?  見た目は似ている。鏡の中の自分は、自分の記憶にある自分の顔のように見える。  心はどうだろう?  昨日より元気がないかもしれないな。  乾癬で …

みんなやってますよ

 レジ袋を有料化するのはいいけど  その目的が地球温暖化のためのプラスチックゴミの減量のためというなら、これだけ毎日消費しているマスクはどうなのよと思ったりしてしまう。飛沫防止のフェイスシールドとかア …