今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト

どこでどう咲くか?

投稿日:

「嫌われる勇気」を読んで自分が変われば世界が変わると思ったが、それができれば世話ないとも思った。

「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、とどめを刺された。そうは言ってもなかなかできるもんじゃないですよ。

 それよりも「西の魔女が死んだ」の中の台詞で、

「サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、だれがシロクマを責めますか。」

 こちらの方がよほどスッと沁み込んでくる。そしてほっと出来る。

 人生その時その時で、自分が生きやすい場所で生きられたら一番いいじゃないかと。いつかその場所に逃げられるという希望を抱き続けてはいけないのか?

 実際に生きやすい場所にたどり着けるかどうかわからない。たどり着けないかもしれない。でも、「置かれた場所で咲きなさい」と言われた時の絶望感と言ったら。

 アドラー先生がおっしゃるように、

「あなたが引きこもっているのは、あなたが引きこもっている方が都合がいいから引きこもっているのです。抜け出したいのでなく、引きこもることが目的で、外に出られない理由イコール引きこもりたい言い訳でもあるのです。」と言われたら。

 確かにそうかもしれないけど、その通りかもしれないけど、あまりに厳しく残酷ではないですか。

  生きていくって大変だということはつくづくそう思えるようになりました。

  そのくらいで大変だなんて言うなと言われたそうかもしれないけど。 人はそんなに強くはないです。



-ライフシフト
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

花は咲かせられたかい?

この時代のどこか片隅にでもいい 居場所を見つけられることができたら それだけであなたの人生は 成功である そんなに長いこと居座る必要もない 用がなくなりゃ次の場所へ移ればいい 花を咲かせることにこだわ …

 50代男性にとっての涙とは

いつからこんなに涙もろくなったのだろう?  そう感じた同輩は多いと思う。50歳を過ぎた頃からだろうか?  映画を観ては泣き、本を読んでは泣き、懐メロを聴いては泣き、それを思い出しては泣き、NHKのど自 …

窓から見える風景

 以前住んでいた家では、  窓を開ければ隣の家の窓があった。  その隣家の窓を手で開けられるくらい近かった。  今度の家も、そういう窓もあるが、  一つだけ見晴らしのいい窓がある。  自分がいつも登る …

人の体っていうのは

 人間の体っていうのは、お母さんのお腹の中にいる時は、体重の90%が水分らしい。子供ではおよそ70%、大人でもおよそ60%。  60兆個の細胞で出来ている。  その細胞は分子で出来ており、  連絡網で …

ふと自分ってなんだろう?って

 今日も1日が始まり  またこの自分を演じる  でも今日は昨日の自分と少し違う  鍼灸をやってもらったら自分は変わる  薬を飲んでいた時もそう  飲むと自分は変わる  山へ行くと変わる  近所を散歩す …