今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

常備菜 料理

ふきの下処理と定番料理

投稿日:2020年4月21日 更新日:

 4月中旬の道の駅。

 葉のついたフキが売っていたので2束買ってきました。

 葉を切り落として、よく洗います

 大きめの鍋にお湯を沸かして

 1分ほど茹でます

 茹で上がったら水に落としてしばらく浸けておきます

 しばらくするとアクが抜けて色が変わってくるので、

 何度も水を取り替えます

その間に茎の方の下処理をやりましょう

鍋に入るくらいの大きさに切って

 塩を振って、ゴロゴロと転がします。

 板ずりと言います。

 沸騰したお湯で4分ほど茹でます

 茹で上がったら水に落とします

 茎の太い方から右手の親指の爪で皮をシューっと剥いていきます

 こんな感じの皮が剥けます

 3cmほどに切って水に入れてアク抜きします

 フライパンに油を敷いて、フキを炒めて

  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 日本酒 大さじ2

上記の調味料を入れて水分がなくなるまで炒めて出来上がり

冷めるまで置いておくと

味がしみ込みます

 続いて、アク抜きしていた葉の方

 何度か水を交換して、水の色がそれほど濃くならなくなってきましたか?

 その葉をギュッと絞って

 細かく切って

 横に切ったら、縦にも切って

 フライパンにごま油しいてフキの葉を炒める

  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 日本酒 大さじ2

 上記で味付けて、水分がなくなるまで炒めて出来上がり。

 今回は、竹輪を入れて、最後に炒りごまを振りました。

 ご飯が進むおかずです。

 フキというと、なかなか下処理が面倒そうで、手が出ないことが多いのですが、やってみると思ったよりは楽です。

 お弁当のおかずにも入れられて常備菜として重宝する二品です。





-常備菜, 料理
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

なめらかプリン

今回は我ながら上手くできた気がする。  ココット10個分  ・卵3個 ・純生クリーム(180円くらいのホイップじゃなくて、400円以上の純生クリームで) 100ml ・牛乳 300ml ・バニラエッセ …

栗の渋皮煮

 初めて栗の渋皮煮というものを作ってみた。すごく手間がかかるというイメージしかない。  まずは、栗をよく洗ってから数分茹でた。    軽く茹でたのは、鬼皮という表面のいちばん硬い皮を剥きやすくするため …

やっぱりトンカツは

 トンカツを自分で揚げてみて、  なかなかうまく揚げられるようになったなと思っても、  やっぱりお店で食べると、足元にも及ばないと感じる。  ちょっといい肉を選んでも、  スジを切ったり、叩いてみたり …

エビ豆

滋賀県独自のおかずメニューに「エビ豆」というものがあります。琵琶湖のスジエビと大豆を一緒に醤油とお砂糖で煮る(関西では炊くと言います)料理です。お惣菜コーナーでは当たり前のように売っていますし、スジエ …

ピーマン入りポテトサラダ

 あえてピーマンを入れた訳じゃなく、キュウリがなかったので仕方なくピーマンを入れてみた。  ピーマンは軽く塩を振って5分ほど置いてから、絞って入れた。  他の具材は相変わらず色々。 ジャガイモニンジン …