今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

ふと自分ってなんだろう?って

投稿日:

 今日も1日が始まり

 またこの自分を演じる

 でも今日は昨日の自分と少し違う

 鍼灸をやってもらったら自分は変わる

 薬を飲んでいた時もそう

 飲むと自分は変わる

 山へ行くと変わる

 近所を散歩すると変わる

 どこかが痛いと変わる

 心が傷つくと大きく変わる

 人と会うと変わる

 人と別れると変わる

 耳から入っていくる情報で変わる

 目から入ってくる情報で変わる

 鼻から入ってくる情報で変わる

 触れた感触で変わる

 口に入れたもので変わる

 何かを出すと変わる

 入れると変わる

 さて、この中で

 「本当の自分」って

 どの瞬間のどの状態のことを言うのだろう?

 所詮、自分を演じているのだから

 役者さんのように日々違う自分を演じられればいいのだが

 役者さんのようにそれに合わせて周りも変わるわけではないので

 それもむずかしい

 昨日の自分を知っている人がいるから役どころを変えられない

 昨日までの自分を知っている人がいなければ

 今日から新しい自分になれるものなのか?

 なりたい自分が本当の自分なのだろうか?

 結局、行き着く先はいつもの

 すべては「空」であると言うことだ

 すべては自分が想像した空想でしかないと言うことだ

 

 ある日の

 のどかな休日の朝

 ふと見上げた青い空

 自分は、結婚して子供をたくさん育てて

 その子たちが巣立って行って

 今はこうして、あの時は想像もしなかった場所で

 青い空を見上げている

 本当に自分は

 そんなことをやってきたのだろうか?

 ただの夢だったんじゃないか?

 って思うことがある

 どうして今は自分はここにいて

 こうやって空を見上げているんだろう?って

 宇宙規模で考えたら

 そんなことは一瞬の出来事で

 とても些細なことなのに

 どうして大袈裟に考えて悩むのだろうと

 それでもまた今日も考えてしまう

 

 やぱり、これが「自分」なんだなと思う



-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


  1. まお〜 より:

    こんばんは。
    私は年を重ねるほどに、努めて難しいことは考えないようにしています、と言うか、結局収まるところに収まると、肩の力を抜き全てを受け入れる心づもりでいます。笑

    • KURI より:

      まお〜さん
       おっしゃる通りなんです。「結局収まるところに収まる」。収まるべきところに収まるように日々無意識に頑張っているところがあります。
      肩の力を抜くこと、それをさりげなく出来ているように振る舞っている人って、とっても粋でかっこいいです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「あつまれどうぶつの森」をはじめてみた

 久しぶりに任天堂スイッチのゲームソフトを買った。  いま話題の「あつまれどうぶつの森」  私の「どうぶつの森」歴は、  一番最初はNintendo64だったかな?「どうぶつの森」 次にゲームキューブ …

手紙のありがたみ

長いこと手紙を書いてきた 遠く離れた母へそして、叔父や叔母たちへ仲人さん従姉妹にも書いたそして、親友にも 故郷を離れたから書けたのだと思う生まれ故郷に住んでいたら書いていなかっただろう しかし、母も亡 …

自分から出力することの大切さ

 今の気持ちをタイピングしたり、ペンで書いたり。  心の内を独白したり、聞いてもらったり。  心のもやもやを絵に描いてみたり、描き殴ってみたり。  叫んでみたり、怒鳴ってみたり。  口ずさんでみたり、 …

「バルス!」

 どうでもいいことであるが、  我が家にあるこの金属製の蓋の文字が、 「バルス」に見えて仕方ない。  毎朝、植木に水やりをする時に目に入るこの「バルブ」の蓋。  ジブリのアニメ映画「天空の城ラピュタ」 …

寝つき

 物心がついた頃からずっと寝付きが悪かった。  布団に入ってからも、あれこれ不安になって寝られない。  ちょっとした物音で目が覚める。家鳴りが気になるし、時計の音も気になる。  明日のことが気になる。 …