今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

常備菜 料理

ほうれん草のお浸し

投稿日:

 「ほうれん草のお浸し」なんて、

 ほうれん草を茹でて、お醤油かけて削り節をのせて出来上がりと言う簡単なものかと思っていた。ずっとずっとそんな食べ方をして来た。

 それが変わったのがつい最近のこと。京都の料亭でほうれん草のお浸しを一口食べてからだった。「なんだこれは!!」と言う衝撃だった。上品な出汁に浸っている茹でたほうれん草が、高級な料理になっていた。

 「これがほうれん草のお浸しか!」と思った。「浸っている」そうそう、ダシに浸っているんだ。

 あの上質の出汁は難しいにしても、せめて麺つゆで作った出汁に浸すことくらいはできそうだ。

 麺つゆをお吸い物くらいの濃さに薄めてみた。

 熱湯で2分ほど茹でたほうれん草を流水でしばらくアクを抜いて、ギュッと絞ってからダシに浸す。

 タッパーに入れて一晩冷蔵庫で保存して、翌朝いただいてみたら、

 今まで食べて来たほうれん草とはまったく別のものがあった。

 美味しい。

 これからこれでやってみよう!

 ほうれん草のお浸しがとても楽しみになった。



-常備菜, 料理
-

執筆者:


  1. Aki より:

    生醤油の塩気が苦手なので、薄めた出汁で頂くのは私にとって常識…
    いつだったか山歩きで泊まった海沿いの旅館、朝食時私のほうれん草のおひたしの椀に、なみなみと醤油を注ぎ入れる年下の山仲間、『なにしやがる!』ってまだ醤油を入れてないそいつのお椀と交換、お前の腎臓や肝臓の数値が悪いのはそのせいだなって納得でした、体育系のそいつは悪気はないだろうから、特に何も言わなかったけどね・・・
    そもそもそのおひたし、醤油入れなくても出し汁ですでに洗ってあったしw

    • KURI より:

      喜劇のような悲劇ですね。昨日も帰省した子らに、出汁に浸したほうれん草を出したらすごい勢いで食べてくれました。今まで「醤油ぶっかけほうれん草」が当たり前だったので驚いたのかもしれません。私よりも早い年齢でこれに気づいてもらえて良かったです。
      ほうれん草が食卓に出てきたら「これってもうお醤油かけた?」って、かけてなければ私がかけてあげますよってスタンスでしたからね。全ての料理において、調味料を追加してあげるという行為は親切ではないのでしょうね。根っこは親切心なのでしょうけどね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ふきの下処理と定番料理

 4月中旬の道の駅。  葉のついたフキが売っていたので2束買ってきました。  葉を切り落として、よく洗います  大きめの鍋にお湯を沸かして  1分ほど茹でます  茹で上がったら水に落としてしばらく浸け …

ちょっとしたパーティーメニュー

 昨日は久しぶりに家族が揃ったので小さな宴。  そこに並べた小さなパーティーメニュー  小エビのフリッター 天ぷら粉と卵、そして少しの水で衣を作った 180度の油で揚げて オーロラソース(マヨネーズ: …

娘に教える弁当のおかず

 就職した娘が弁当を持っていくことになった。  今さら早起きして作ってあげるのも面倒なので、  「自分で詰めていってね」と突き放す。  「でも、冷蔵庫にはいつものように常備菜が色々入っているから、それ …

酢鶏

 鶏むね肉が常備してあるものだから、酢豚よりも酢鶏を作ることが多い。  甘酢あんを甘い目にすると、甘党の家族も喜ぶのでよく作るメニュー。  緑色は通常ピーマンを使うのだろうが、私が乾癬でナス科の食材を …

即席チキンチャーシュー

家でラーメンを作るとき、やっぱりチャーシューが欲しいなって思う。 鶏の胸肉があれば、それを薄く薄くスライスして、 小鍋にお醤油と日本酒とお砂糖を大さじ2ずつ入れて煮立てて、 薄切りの鶏むね肉を軽く煮る …