今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 料理 生活

まぁこれでいいか

投稿日:

 冷蔵庫を開けてしばらく止まった。

 少し熱っぽくて頭が働かない。

 いつもなら冷蔵庫を開きざっと見渡していくつかの献立が思い浮かぶが、今夜はまったくだめだ。

 続いて冷凍庫の引き出しを見ると、一番手前に塩さばの切り身があった。

 次に野菜室を見ると、中途半端に残ったキャベツ。チルド室には賞味期限の切れたベーコン。

 塩サバをグリルで焼いて、ベーコンとキャベツは炒めて塩コショウでいいや。

 それに常備菜のポテサラを添えて、みそ汁は新しいキャベツの青い部分と油揚げと舞茸をちぎって入れよう。

 一人暮らしの時なら、これで御馳走だったが、

家族が増えるにつれて徐々におかずが増えていった。

「これだけ?」って言われるのが嫌だったのかもしれない。

毎食おかずは3種類作ると決めた。

 今夜のおかずは3種類ではあるが、一つはグリルで焼いただけ、一つは常備菜を出しただけ、もうひとつは切って炒めて塩コショウしただけ。

 そう思ってしまうのだ。

 自分がこれを出してもらったらもちろん喜んでありがたくいただくし、手抜きだとまず思わないのだが、自分が出す立場だと「手抜きしちゃった」と思ってしまう。

 妻も「もうそんな凝ったのじゃなくていいよ」って言ってくれている。「お漬物とご飯とお味噌汁だけでもいいんだから」と。

 家族も減って今では以前の半分以下。おかずも2種類の時もあるし、そのうち一つが常備菜と言うこともある。

 子供の成長のためにと頑張ってきて、夫婦だけの時は楽しい時間をと思ってちょっと変わった料理も作ったりした。それを作っている時間も充実していた。

 これからは料理を「楽しむ」ことをメインにして、「役目」と言う要素を排除していこうかと思う。楽しめない時はそれなりで、楽しもうと思う時は思う存分。

 そんな感じでいいかと。

 仕事の方も似たようなところがあるが、こちらは最低限のラインは死守しつつ勝手に体が動いてしまうのでいつもの脳のある部分を使って出来るのでまだ大丈夫だ。

 ただ体にガタが来ている事は間違いのない現実であり、それ相応に対処しつつ慎重にやっていかないといけない部分も多くなった。

 「歳を取ると言う事は」、なんてまだまだそれを語れる年齢ではないかもしれないが、ちょこっと先人たちの言っていたことがわかるようになってきた。

 「年をとるとなぁ・・・」って言っていた事は「なるほどそう言うことか」と。そう言った謎が解けると言うのは「なぜなに坊や」だった私としてはうれしいところでもある。



-ライフシフト, 料理, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

盆や正月にやることは

 お盆や正月の長期休みというのは、  当たり前だが、予定がなければ暇なわけで、  仕事もないから「さて何しよう?」となる。    実家へ帰省したり、帰省されたり、  お祭りに参加したり、買い物に行った …

のらぼう菜

 久しぶりに行った野菜直売所  初めて買った野菜  聴き慣れない名前の野菜 「のらぼう菜」 アブラナ科アブラナ属、私の好きな種属だ。  見た目は「菜花」  こちらから見ても菜花に見える  根の部分はな …

砂糖120gのアンコ

1袋の小豆で通常砂糖の量は200g〜300g。 当初は、甘いもの好きの妻のために320gほど入れていた。 さすがに甘すぎて、食べていてなんというか「やばいよな」って感覚があった。  300gから250 …

どこでどう咲くか?

「嫌われる勇気」を読んで自分が変われば世界が変わると思ったが、それができれば世話ないとも思った。 「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、とどめを刺された。そうは言ってもなかなかできるもんじゃないですよ …

メンチカツとミンチカツの思い出

 関東で育って、関西で暮らしている私にとって、メンチカツというのは不思議と色々な思い出のある揚げ物。  子供の頃、忙しかった母が  「今夜はメンチとコロッケでいい?」 と言って、それを肉屋さんで買って …