今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ゲーム

まだまだやってる「ゼルダの伝説ブレスオブワイルド」

投稿日:

 子供たちにも笑われるが、まだやっている。

 何回も何回もやり直している。

 他のゲームもやっているが、結局そちらが一段落するとまたこのゲームに帰ってくる。

 「おかえり! また冒険しよう!」

 帰るたびにそう言って迎えてくれる。

 記憶力が怪しくなっている私でさえ、これだけ何回もやっていれば、

様々なトリックや謎解きは流石に攻略本を見なくてお茶の子さいさいだ。

 このゲームの楽しみは、そういう謎解きとかではなくて、

 ひたすら野山を駆け巡り、

 日々刻々と移り変わる美しい景色を愛でて、

 写真を撮影したり、草花を採取したり。

 そしてもう一つは、

 あちらこちらにある敵の寝ぐらを様々な手段で攻め落とす。

 今回は、こちらの丘から急襲しようとか、

 雨が降るのを待ち、雨音に紛れて静かに近づき、

 不意打ちで一気に攻め落とそうとか。

 何通りも攻略法があり、一番効率よく「美しく」やっつける方法をいつも考えて、思った通りにやれた時はとても気持ちがいい。

 その敵たちも、定期的に復活するので何度でも楽しめる。

 ある時は制約もつけてやった。「〇〇縛り」というやつだ。

 ハート3つ縛り、ガンバリ増やさず縛り、死んだら振り出しから、防具なし、強い武器を持たない、いきなり裸でラスボスへ、カカリコ村に行かない、などなどいろいろなパターンで楽しめる。

 それだけ遊んでもまだやっているのだから、本当に性に合ったゲームなのだろう。

 今、これの続編を制作中ということでこちらも期待値が高くなっている。

 2020年11月20日には、コーエーテクモゲームスから「ゼルダ無双 厄災の黙示録」が発売される。ブレスオブザワイルドは、100年前の厄災によって滅びた世界だが、100年前の厄災自体を無双ゲームにしたのがこのゼルダ無双。

 元々私は「無双系」が苦手で、ただただボタンを連打するだけになってしまう。でも今度のゼルダ無双は違うかも? トレーラーを見てもキャラクターはゼルダの伝説そのものであるし、動きも似ている。これなら遊べるかも?って思って、体験版をやってみた。

 結果は、やはりただひたすらボタン連打で、バタバタと倒れていく敵を見ているだけで、考えながら戦うということが出来なかった。これは私だけかもしれないので、あまり参考にならないかもしれない。ボコブリンという敵と一対一で間合いを取りながら戦うという感じではなく、数十匹のボコブリンを必殺技で一気に蹴散らすというものだから、視覚的には痛快なのかもしれない。そういうのが好きな人にはいいかも。

 ブレワイの続編がいつ発売になるのかもまったくわからない。年内はまずありえないが、来年なのか再来年なのかもわからない。

 それまでは他のゲームにお茶を濁しつつ、またブレワイもやりつつ、ただ続編を待つことになるだろう。

 それまでに新しいゲーム機本体が発売されて、その本体の一押しゲームソフトになるのも困るなぁ。

 新しいコントローラーに慣れることができるだろうか?とそっちが心配だ。

 



-ゲーム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「あつまれどうぶつの森」をはじめてみた

 久しぶりに任天堂スイッチのゲームソフトを買った。  いま話題の「あつまれどうぶつの森」  私の「どうぶつの森」歴は、  一番最初はNintendo64だったかな?「どうぶつの森」 次にゲームキューブ …

新しいMacBook Airの端子

 上の写真はちょっと昔のMacBook Proの入力端子。 今まで娘が使っていたものだ。  左から電源、Ethernet、FireWire 800、Mini DisplayPort、USB2つ、SDカ …

面白すぎ!「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」

 昨日はブログを書き忘れるほど、このゲームにのめり込んでいる。  「ゼルダの伝説 ブレワイ」とはまったく違う系統のゲームだが、これは病みつき。  何より中毒性がある。  大昔にパチスロにハマったことが …

昔よくやったゲームで

 学生時代にやり込んだゲームのひとつに「ドンキーコングJr.」がある  もう全ステージを目をつぶってもできるのではないか?というほどやり込んだ。  今から38年?ほど前のゲームだ。  38年と書いて、 …

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団・やっと地下帝国メルムへ

やっと「地下帝国メルム」に入ったところ。 そろそろ半分くらい終わったか?と思ったが、まだまだ25%?くらい?  若い頃に比べて、いろいろと手間取ってばかりでシャキシャキと進行できていないが、それでも楽 …