今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

まだ若いのに

投稿日:

 自分よりちょっとでも年齢が若いだけでそう思ってしまう傾向になる。


 「まだまだ若いのに」

 そして、自分も言われる。


 「まだ若いからわからないだろうけど」
 「まだ若いのにそんなこと言っててどうするの?」
 「まだ若いんだから、これからだよ」

 70代の人でも80代の人に言われちゃうし。


 この前なんて、94歳の人が88歳の人に「80代はまだ良かった。90超えたらもうあかんわ。」って言ってた時には、


 もうどうしようかと思った。


 最高齢記録保持者でない限り、言われ続ける言葉かもしれない。

 さて、自分は「まだ若い」のだろうか?、
 それとも「もう若くない」のだろうか?

 なんとなくね、

 50歳を過ぎた頃から、「まだ若いんだから」の呪縛から解き放たれたような気がした。

 自分の中で、50歳までに何かをやり遂げないといけないような気がしていたんだと思う。


 若いんだから、何かを一生懸命にやらないといけないような気がしていた。


 若いんだから、せっせと動いていないといけない気がしてた。

 でも、もう50歳になったんだから、


 もうそろそろ少しはのんびりしていてもいいのかなって。


 電車に乗っても、席に座ってもいいかな?


 「お前はまだ若いんだから席を譲るべきだ」って言われないかな?


 寝たふりとかしなくてもいいのかな?

 40代は、車内で座っていても落ち着かなかった。


 ご年配の人がいたら席を譲らないといけないかと思ってキョロキョロしたりしていた。


 それが面倒だから最初から座らずに立っていたりした。

 60年ほど生きてきて、


 自分では何もしていないと思っていても、50年以上生きてきたらもうそれで十分。


 60年も生きたら儲けもん。


 70年、80年経ったときには、どうなっているかわからないけど、


 それはまたそのときに考えたらいい。


 そのとき見える景色に合わせて歩けばいい。

 もし、30代の悩んでいる自分にこそっと会えたなら、


 こう言ってあげよう。

 「50歳過ぎたらフッと楽になるぜ。若いんだからって言われないしさ!」

 今やっていることが成功しようが、失敗しようが関係ない。

 みんなどうせ似たり寄ったりだ。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ビワコムシ(琵琶湖虫)

 数日前から見かけるようになった。  ご近所の家の壁一面に、  車にも、  マンションの外壁や窓、  湖岸の公園には、蚊柱のように集まって飛んでいる。  そこに突っ込んでいくとなかなか大変。  「ユス …

ASKA premium concert tour-higher ground-アンコール公演@京都レポ

 夕暮れの京都白川沿いを平安神宮へと向かういつものお気に入りの道。  妻とふたりで、今日は30年来のファンであるASKAさんのライブ。昨年12月の公演が延期になり、年を越しての待ちに待ったライブだった …

つまみおにぎり

 子供が小さい頃に、面倒な離乳食も適当に切り上げて、  ご飯を食べさせようとしたときに作ったのがコレ。  小さい長方形に切った焼きのりで摘んだ白いごはん。  ただそれだけ。  つまんではテーブルに置い …

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …

やっぱアナログが楽しいな

 今まで、日記も万年筆で半年ほど書いたけど、結局スマホやパソコンで書くようになり、毎日のブログも当然パソコンで書いて、ペンや鉛筆で書くことがどんどん少なくなってしまった。  そうするといざペンで文字を …