今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 子育て

むいてない

投稿日:

 この仕事にむいてない。

 父親にはむいてない。

 夫にはむいてない。

 結婚にはむいてない。

 コツコツやるのはむいてない。

 人前で話すのはむいてない。

 サラリーマンにはむいてない。

 いろんな「むいてない」があって、

 失敗を今日もまた一つ重ねるごとに、

 「むいてないかも」が「やっぱりむいてない」にかわっていく。

 でも続けてうまくいったりすると、

「まんざらじゃないかも」って思ったりする。

 でもまたやらかして落ち込んで、

 「やっぱむいてないわ」って思って。

 そんなことをダラダラ繰り返しながらここまでやってきた。

 次は失敗しないようにと工夫して、

 それで上手くいって気を良くしたり、

 また失敗して、

 小賢しく誤魔化すテクニックも覚えたりもした。

 他人からは「天職ですね!」なんて言われて、

 「そう見えますか!?」って驚いたりして、

 それを強く否定するのも面倒だから、

 「そうなんですかね?」とお茶を濁す。

 自分で「むいてない」って思うのは、

 自己防衛反応なのだろうか?

 就職してすぐに「むいてない」って思ったら、早めに転職した方がいいのだろうか?

 いろいろやってみたら天職に巡り逢えるのだろうか?

 それとも辛抱して長く続けた結果として、それが天職になるのだろうか?

 もう今更そんなことを考えても遅いのだけど、

 若い人から「自分、今の仕事むいてないって思うんすよ」って言われた時に、

 うまく答える自信がない。

 「たった3ヶ月で何言っているんだ!自分で決めた事だろ!」とか、

 「そう思うなら今すぐやめた方がいい」とか、

 「とりあえず、あと1年頑張ってごらん」とか、

 自分はあんなに悩んで「いつかそのうちやめてやる」って思いながら、

 ダラダラとここまで来ちゃったのに、

 どの口が偉そうに言うんだってことだ。

 天職にもならなくていいし、好きなことが仕事にならなくてもいい。

 とりあえず死ぬほど辛くなく、他人よりちょっとそれが上手くできることで、

 収入を得られればいいなってくらいでいいのかもよ。

 人の役に立つとか、社会の役に立つとか、

 そうでなくちゃ生きている意味ないとか、

 そこまで気負わなくてもいいと思うよ。

 また成り行きでどうなるかわからないし、

 「向いてる」って言葉だっていい加減なもんなのよ。

 って、若者にアドバイスしても、なんの役にも立たないだろうな。

 あの頃の自分だったらどう言って欲しかっただろう?

 「ウンウン」と聞いてあげるだけでいいってことだな。

 うん。

 今年もいつもの日程で梅の花が咲いてきていた。

 そして、

 ここまでやってきちゃったら、

 むいているとか、むいていないとか、

 もう今更どうでもよくなってる。

-ひとりごと, 子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

爽やかだけど清々しい

 初夏を思わせるような気持ちの良い日。  頬を通り過ぎる風も気持ちよく爽やかな季節。  ここで間違いをひとつ。  「爽やか」ではなく、初夏では「清々しい」を使うらしい。  では「爽やか」はいつ使うかと …

やっぱり動かされているのかな

 「あの時はなんであんなことをしたんだろう?」  「あの時はなんであんなことを言ってしまったのだろう?」   自分でも不思議。  そんなことがよくある。  でもその時はそうすることが当たり前の流れだっ …

やっぱアナログが楽しいな

 今まで、日記も万年筆で半年ほど書いたけど、結局スマホやパソコンで書くようになり、毎日のブログも当然パソコンで書いて、ペンや鉛筆で書くことがどんどん少なくなってしまった。  そうするといざペンで文字を …

添乗員同行パレード

 妻が見せてくれた新聞の旅行広告で見つけた「添乗員同行パレード」の文字。  すぐに思い浮かんだイメージは、  「〇〇ツアーの皆さ〜ん! こちらですよー、付いて来てくださ〜い」と、小旗を持った添乗員さん …