今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 子育て

むいてない

投稿日:

 この仕事にむいてない。

 父親にはむいてない。

 夫にはむいてない。

 結婚にはむいてない。

 コツコツやるのはむいてない。

 人前で話すのはむいてない。

 サラリーマンにはむいてない。

 いろんな「むいてない」があって、

 失敗を今日もまた一つ重ねるごとに、

 「むいてないかも」が「やっぱりむいてない」にかわっていく。

 でも続けてうまくいったりすると、

「まんざらじゃないかも」って思ったりする。

 でもまたやらかして落ち込んで、

 「やっぱむいてないわ」って思って。

 そんなことをダラダラ繰り返しながらここまでやってきた。

 次は失敗しないようにと工夫して、

 それで上手くいって気を良くしたり、

 また失敗して、

 小賢しく誤魔化すテクニックも覚えたりもした。

 他人からは「天職ですね!」なんて言われて、

 「そう見えますか!?」って驚いたりして、

 それを強く否定するのも面倒だから、

 「そうなんですかね?」とお茶を濁す。

 自分で「むいてない」って思うのは、

 自己防衛反応なのだろうか?

 就職してすぐに「むいてない」って思ったら、早めに転職した方がいいのだろうか?

 いろいろやってみたら天職に巡り逢えるのだろうか?

 それとも辛抱して長く続けた結果として、それが天職になるのだろうか?

 もう今更そんなことを考えても遅いのだけど、

 若い人から「自分、今の仕事むいてないって思うんすよ」って言われた時に、

 うまく答える自信がない。

 「たった3ヶ月で何言っているんだ!自分で決めた事だろ!」とか、

 「そう思うなら今すぐやめた方がいい」とか、

 「とりあえず、あと1年頑張ってごらん」とか、

 自分はあんなに悩んで「いつかそのうちやめてやる」って思いながら、

 ダラダラとここまで来ちゃったのに、

 どの口が偉そうに言うんだってことだ。

 天職にもならなくていいし、好きなことが仕事にならなくてもいい。

 とりあえず死ぬほど辛くなく、他人よりちょっとそれが上手くできることで、

 収入を得られればいいなってくらいでいいのかもよ。

 人の役に立つとか、社会の役に立つとか、

 そうでなくちゃ生きている意味ないとか、

 そこまで気負わなくてもいいと思うよ。

 また成り行きでどうなるかわからないし、

 「向いてる」って言葉だっていい加減なもんなのよ。

 って、若者にアドバイスしても、なんの役にも立たないだろうな。

 あの頃の自分だったらどう言って欲しかっただろう?

 「ウンウン」と聞いてあげるだけでいいってことだな。

 うん。

 今年もいつもの日程で梅の花が咲いてきていた。

 そして、

 ここまでやってきちゃったら、

 むいているとか、むいていないとか、

 もう今更どうでもよくなってる。

-ひとりごと, 子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

しんど

 小学生の頃に毎月読んでいた学研の「学習と科学」。それの「学習」の方だけ。今でも当然刊行されていると思っていたが、調べたら「学習」は2009年を最後に休刊になっていた。そして「科学」も翌年2010年に …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

てづバとガラスペン

 娘たち4人は、大阪南港で開催された「OSAKA ART&HANDMADE BAZAAR アートてづくりバザール」に集結して丸1日そのイベントに参加してきた。通称「てづバ」だ。アクセントは「づ …

小さな指のスマホ

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。  大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。  1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、 近頃は、「指先を画面にトンと置いてか …

場所と格好

「ここでこんな格好していると誰だかわからないねー」  そんなことがよくある。  この前もスーパーで買い物をしている時に、  「こんにちは!」と30代の女性から挨拶をしてもらった。  すぐには誰だかわか …