今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 生活

もう一つの世界で

投稿日:

 山を歩いてみたいと思っても、

 最初はどこから入るのかさえ、全くわからなかった。

 でも、見えている近くの山でいいから歩いてみたいなって思っていたら、

 不思議なことに、「一緒に歩きませんか?」と言う人がひょいと目の前に現れて、

 その方が案内してくださって、

 そこからいろいろわかってきて、

 ひとりでも山を歩けるようになったら、

 そこがもう一つの自分の世界になった。

 いつもの「人間界」で暮らしていて、

 いろいろイヤなことがあった時でも、

 もう一つの世界に入れば、

 なぜかそこは呼吸が楽だった。

 悩みのほとんどは人間関係なんだなって思った。

 たくさんに人に助けられながら生きているけど、

 それだからこそ、

 みんなに気を遣ってしまう。

 もうひとつの世界に頭を突っ込んで、

 その世界を少し歩いてみたら、

 いつもと違う絵をイメージ出来た。

 どう逃げるかじゃなくて、

 どう進むか。

 どう乗り越えようかじゃなくて、

 どう付き合っていくか。

 そんな風にイメージ出来た。

 いつもの部屋の中でもいいから、

 テレビを消して、パソコンも閉じて、スマホも電源切って横に置いて、

 子供の頃に浸った世界に再び頭を突っ込んでみると、

 何かが再び動き出した気がした。

(般若心経で「無」が多過ぎ。また「無」かよって思っちゃう)

 それが50代の始まりだった。

 そして60代の暖簾をくぐっていく。

-ひとりごと, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

地下道

 閉所恐怖症というわけでもないのだが、  地下道と地上の道、どちらを歩く?と聞かれたら、  「地上を歩こうか」と答えるだろう。 雨の日は濡れずに済むから地下道を歩くけど、 晴れた日は迷わず地上のお天道 …

インプット

 30年前、私の情報入手先は、新聞とテレビニュースとFMラジオとパソコン通信だった。  今は、インターネットとポッドキャスト。そして、嗜みとしてNHKニュース。  老眼が進行してからは、あれだけ好きだ …

本音ってなんだ?

 ギターで言う「元の音」と言うのも難しい。  アコスティックギターの弦を張り替えたばかりで、チューニング合わせて「ジャーン」と鳴らした音がそのギター本来の音なのか? ギターの弦だっていろいろ種類があっ …

神話

 神話ってどうしてあんなに古い時代から現代に至るまで伝えられているのだろう?  きっとその方が都合の良いことが多いのだろう。  神話ってどうしてどの国でも似たような話が多いのだろう?  それを後世に伝 …