今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

よくわからないけど、なおった

投稿日:

 家電でも、人間関係でも、人間のカラダでも、

 ちょっと不調になってたけど気づいたらなおってたということがある。

 昔だったら、テレビの映りが悪い時に横から叩いたら映るようになったとか、その叩き方にも工夫があったりとか。

 人間のカラダも、ちょっとじっとしておけばおさまるとか、こうやって腕をグリグリっと回すとマシになるとか、そのなおし方も「え?そんなことして大丈夫なの?」というようなやり方だったりする。

 「いつもこうやってるよ!」って元気に答えてくれるけど、「どのくらい前からそうやってるの?」と恐る恐る聞いてみると「3年かな?」って。びっくりだわ。

 あの出来事があってからずっと音信不通で逢うのが怖かったけど、ある日偶然に出逢っちゃったら何事もなかったように「あれ?久しぶり!元気だった?」って笑顔で会話出来ちゃって「まぁいいか」ってことになっちゃったり。

 そうやってどうにかだましだましやっていくっていうのもアリなんだかナシなんだかわからないけど、そんなことって多い気がする。

 でも、そんな先送りにしちゃってたことも、時々その引き出しを開けて一つ一つ取り出してはクチャクチャ噛みはじめて、また心配したり不安に陥ったりする悪い癖もあったりするから厄介で、それらを「まぁいっか」とそっと引き出しに戻してあげることが少しは出来る様になったかもしれない。

 そんな癖はいつまで経ってもなおらないでいる。

-ひとりごと

執筆者:


  1. カラス より:

    おはようございます。
    カラダの自然治癒力に頼りすぎることなく、少々心配しずぎくらいが良いかもしれません。
    人間の記憶というものは、頭の中でどんな保存状態であるのでしょうね。
    昔の漢方薬局の天井まで届くような小引き出し状態のイメージか
    何かの切っ掛けで1つ思い出すと、その関連事項の引き出しが次々開く。
    楽しいことなら良いけれど、負の連鎖は悩ましい。個人の記憶は、大いなる偏りがあるもんだ。
    この負を解消させるものは、時間のみなのか。
    それとも、思い切って引き出しを抜き、新たな上書きに挑戦すべきなのか。
    m(_ _)m悩むわね。

    • KURI より:

      カラスさん
      記憶の保存システムって私も知りたいです。いつも開く引き出しは2つか3つですが、開く度に違うものが入っているってイメージかなぁ。「え?今日はこれですか?」と。
      おっしゃるように負の連鎖は悩ましいです。これが解消されることが解脱ってことなのでしょうかねぇ?

  2. Aki より:

    まあいいっか♪
    付き合っている方々によると、私の口癖だそうですzz

    • KURI より:

      Akiさん
       言われてみればそうですかね。(^_^) 今まで「あ〜、それはそんなんじゃダメダメ!」とか言われた記憶がないですね。「いいんじゃない?」ってことが多いかな?(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「コーダ あいのうた」と閉館のお知らせ

家族の中でただ1人の健聴者である少女の勇気が、家族やさまざまな問題を力に変えていく姿を描いたヒューマンドラマ。2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイク。海の町でやさしい両親と兄と暮らす高校生 …

お百度

 吸い寄せられるように立ち寄るお地蔵さん。  このお地蔵さんはとても願い事を叶えてくれると言うことが口伝てに広がり、常に誰かしらお参りしている。いつも新しいお花がお供えしてあり、誰かしらが掃除をしてい …

検索

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。  まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。  その当時にパソコン通信が普及して、そこからインタ …

場所と格好

「ここでこんな格好していると誰だかわからないねー」  そんなことがよくある。  この前もスーパーで買い物をしている時に、  「こんにちは!」と30代の女性から挨拶をしてもらった。  すぐには誰だかわか …

インプット

 30年前、私の情報入手先は、新聞とテレビニュースとFMラジオとパソコン通信だった。  今は、インターネットとポッドキャスト。そして、嗜みとしてNHKニュース。  老眼が進行してからは、あれだけ好きだ …