今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

アジ 料理

アジの南蛮漬け

投稿日:

 ウロコ、頭、セイゴ、内臓が処理してあったので楽々だった。

 10匹以上入って198円。

 2盛り購入して南蛮漬けに。

 南蛮液は、醤油、日本酒、水、酢1カップずつ、それと砂糖大さじ4くらいを煮切っておく。

 塩コショウしたアジに片栗粉をまぶして170度の油でじっくり揚げる。

 10分弱くらいだろうか。やや長めに揚げると骨まで食べられる。

 油からあげたらすぐに南蛮液に「ジュッ」って放り込む。

 すぐに食べることも出来るが、数日冷蔵庫で漬け込むと更に美味しい。

 以前、コアユやモロコ、オイカワなどの小さめの川魚がたくさん釣れた時は、よくこの南蛮漬けで食べた。川魚の独特の臭みも消えて子供でも骨まで食べられるし、味が濃いのでご飯が進むし、保存も出来る。

 釣りをしなくなってからは、作る機会が減ったが、たまに安い小魚が手に入った時は作りたくなる。



-アジ, 料理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

10月の常備菜

道の駅で買ったかぼちゃ。250円。 まずはこれを甘煮に。 お醤油とお砂糖と日本酒。適当にジョボジョボって入れたから分量は適当。  いつもこんな感じで仕上がる。 きんぴらごぼうは、ニンジンとぶなしめじ …

きのこと卵のスープ

 最近、きのこ類と卵のスープをよく作る  一度作って美味しかったので、いろいろなきのこで作っている  最初が、ひらたけ。  次が、舞茸とぶなしめじ。  椎茸やらエリンギやら、安いきのこはいろいろ売って …

6月最初の常備菜

 6月最初の常備菜はやや少なめ。 鶏むね肉とゴボウの甘辛炒め  むね肉は、醤油、日本酒、砂糖、おろし生姜で揉んでおく。ゴボウは千切りしてアク抜き。  ごま油で炒めて、火が通ったら醤油と砂糖少々ずつで味 …

小豆を煮る

ここ最近小豆をよく煮る。 最初の頃は、土鍋を使って煮ていたが、 ここ何回かは、圧力鍋で手早く煮ていた。 圧力鍋の場合は、水750mlと洗った小豆を入れて、沸騰させ圧力がかかったら15分で火を止めて放置 …

豚ロースと厚揚げの甘味噌炒め

 豚ロース薄切りは、一口サイズに切って醤油、日本酒、砂糖、ごま油、おろし生姜で下味をつけておく。  厚揚げは、グリルで6〜7分焼いて表面をカリッと焼く。  合わせ調味料  麺つゆ 大さじ1 砂糖  大 …