今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

アニメ「イヴの時間」

投稿日:

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

 冒頭に上記の文章が出る。

 人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭にいて、コーヒーを入れてくれたり、話し相手になってくれたり、秘書のような役目をしてくれる。

 人間と区別するために、頭の上に浮かぶ輪っかを表示させていないといけない。

 命令に忠実であり、犯行は許されないようプログラムされている。

 しかし、そんなアンドロイドにも苦悩がある。

 ある時、高校生である主人公のアンドロイドが、街のある場所に行っていることがわかった。その場所を訪ねてみると「イヴの時間」と言うカフェだった。

 そのカフェでは「この店ではロボットと人間を区別しません」と明記されていた。

 頭の上の輪っかも表示させる必要がないので、誰が人間で誰がAndroidなのかもわからない。

 友人とその店に入ると、そこには主人公のアンドロイドが店員に悩み相談をしていた。

 主人公の気持ちがわからない、と。

 ロボットと人間の違いとはなんだろう?

 人間にも「本能」と言う最初からプログラムされているシステムがあり、

 どうにもならない部分も思う以上に多い。

 ロボットには感情がないというが、もしもそれが押し殺されていたとしたら、

 さて、人間とロボットとの違うは一体どこにあるのだろうかと考えてしまいそうになる。

 観ている最中から、かなり近未来のことだと思うようになった。

 車の自動運転が乗り越えるべきハードルがあるように、ロボットの実用化もそれと同じくらい近い未来と思うばかり。それが楽しみなような、少し怖いような、そう考えさせられる佳作だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「人生の特等席」

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による …

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …

映画「糸」2回目

 昨年の8月の観たばかりだが、もうAmazonプライムビデオに登場。  このお二人のご結婚ということもあり、もう一度鑑賞。  「溺れるナイフ」も良かったけど、これもやっぱりラブコメの王道だ。 人と人は …

映画「461個のおべんとう」

「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美によるエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、「V6」の井ノ原快彦、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑の共演で映 …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …