今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

アニメ「イヴの時間」

投稿日:

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

 冒頭に上記の文章が出る。

 人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭にいて、コーヒーを入れてくれたり、話し相手になってくれたり、秘書のような役目をしてくれる。

 人間と区別するために、頭の上に浮かぶ輪っかを表示させていないといけない。

 命令に忠実であり、犯行は許されないようプログラムされている。

 しかし、そんなアンドロイドにも苦悩がある。

 ある時、高校生である主人公のアンドロイドが、街のある場所に行っていることがわかった。その場所を訪ねてみると「イヴの時間」と言うカフェだった。

 そのカフェでは「この店ではロボットと人間を区別しません」と明記されていた。

 頭の上の輪っかも表示させる必要がないので、誰が人間で誰がAndroidなのかもわからない。

 友人とその店に入ると、そこには主人公のアンドロイドが店員に悩み相談をしていた。

 主人公の気持ちがわからない、と。

 ロボットと人間の違いとはなんだろう?

 人間にも「本能」と言う最初からプログラムされているシステムがあり、

 どうにもならない部分も思う以上に多い。

 ロボットには感情がないというが、もしもそれが押し殺されていたとしたら、

 さて、人間とロボットとの違うは一体どこにあるのだろうかと考えてしまいそうになる。

 観ている最中から、かなり近未来のことだと思うようになった。

 車の自動運転が乗り越えるべきハードルがあるように、ロボットの実用化もそれと同じくらい近い未来と思うばかり。それが楽しみなような、少し怖いような、そう考えさせられる佳作だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ひとよ」

女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化。タクシー会社を営む稲村 …

映画「キネマの神様」

 マンボウ発令中ということもあって、近所のシネコンは朝8時15分から上映開始。あまりに早い。  観終わってトンカツを食べるのが楽しみなのだが、1時間以上待たないと食べられない。    今回の妻と見る映 …

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチング …

映画「チームバチスタの栄光」

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチ …

映画「青空エール」

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。  野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦 …