今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

アニメ「イヴの時間」

投稿日:

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

 冒頭に上記の文章が出る。

 人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭にいて、コーヒーを入れてくれたり、話し相手になってくれたり、秘書のような役目をしてくれる。

 人間と区別するために、頭の上に浮かぶ輪っかを表示させていないといけない。

 命令に忠実であり、犯行は許されないようプログラムされている。

 しかし、そんなアンドロイドにも苦悩がある。

 ある時、高校生である主人公のアンドロイドが、街のある場所に行っていることがわかった。その場所を訪ねてみると「イヴの時間」と言うカフェだった。

 そのカフェでは「この店ではロボットと人間を区別しません」と明記されていた。

 頭の上の輪っかも表示させる必要がないので、誰が人間で誰がAndroidなのかもわからない。

 友人とその店に入ると、そこには主人公のアンドロイドが店員に悩み相談をしていた。

 主人公の気持ちがわからない、と。

 ロボットと人間の違いとはなんだろう?

 人間にも「本能」と言う最初からプログラムされているシステムがあり、

 どうにもならない部分も思う以上に多い。

 ロボットには感情がないというが、もしもそれが押し殺されていたとしたら、

 さて、人間とロボットとの違うは一体どこにあるのだろうかと考えてしまいそうになる。

 観ている最中から、かなり近未来のことだと思うようになった。

 車の自動運転が乗り越えるべきハードルがあるように、ロボットの実用化もそれと同じくらい近い未来と思うばかり。それが楽しみなような、少し怖いような、そう考えさせられる佳作だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

映画「シャッターアイランド」

「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精 …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「ソラニン」

 宮崎あおいが好きで、次々と検索して観ている。  監督は三木孝浩氏で、私の過去に観た好きな作品ばかり。  本田翼の「アオハライド」、  上野樹里の「陽だまり彼女」、  新垣結衣の「唇に歌を」、  土屋 …