今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

アニメ・コミック「ヒカルの碁」

投稿日:

 アニメが先だったか、漫画が先だったか、もう覚えていないが、

 息子と一緒にかなりハマった作品。これをきっかけに囲碁も始めてみた。入門書を買って安い碁盤も買ってまだ小学生だった息子と始めたものの、私はまったく上達しない。

 あまりに上達しなくて悔しいから、また違う本を買ってまで頑張ってみたが、やはりダメだった。将棋は好きでよくやったが、まだ将棋の方がやっていて楽しかったと思う。こう言うのは相性があるのだろうか?オセロゲームも好きだし、チェスも好きだし、軍事将棋やら、そんなボードゲームはみんな好きなのに囲碁はなかなか手強い。

 でも、この作品はとっても面白くて久しぶりにAmazonプライムで1話からアニメを見初めて再び「ヒカルの碁」熱が上がってきた。漫画も全巻揃っているので読み返してみようと思う。囲碁は再び再挑戦するかどうかはわからない。

 このアニメの主題歌の「GET OVER」が大好きだった。当時、dream(ドリーム)という女性3人組のユニットだった。アルバムも出していて、すぐにどの曲も気に入ってCDも買って、釣りに行く時は必ずそれを聴いていたほどだ。でもすぐにメンバーの一人が脱退して、新しいメンバーが数人入り、またひとり脱退してまた新しいメンバーがゾロゾロと増えて、最初の雰囲気とはかなり変わってきた。そして、今はオリジナルメンバーは誰もいなくなってしまって、ついに2017年に残念ながら活動停止になってしまった。

 3人のオリジナルメンバーの時のアルバムは今でもお気に入りで、たまに引っ張り出しては聴いている。

 こお漫画の絵を描いている小畑健氏もこの作品で知ったが、その後に「デスノート」でも一躍有名になり、「バクマン」も大ヒット。数々の賞も獲得した大ベテランとなった。アニメのキャラもいいが、漫画の絵の方が大好きだ。

 このアニメの以後の監修をしていた吉原(旧姓 梅沢)由香里六段も当時は囲碁界のアイドル的な存在でもてはやされた。現在も結婚してお子さんもいらっしゃり、子育てをしながら囲碁の対局、囲碁の監修、普及活動もされて活躍されている。

 そんな囲碁界にとっては大きなきっかけになったこの作品。今再び観直してみても面白くて惹きつけられる。知らないうちに特別版も出ていて、まだこれから楽しませてもらえる。



-映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ミックス」

以前から観たいみたいと思ってなかなか観られず、やっと観られた映画。  卓球の映画は窪塚洋介氏の「ピンポン」が大好きで何回もリピートして観た。これはなかなか傑作だった。  この「ミックス」は、なんと言っ …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …

映画「おいしい給食 Final Battle」

市原隼人演じる給食マニアの中学教師が主人公のコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版。1984年のとある中学校。給食を愛しすぎるゆえに、給食を愛せないヤツを許せない「給食絶対主義者」である給食マニアの教 …

映画「ゼロ・グラビティ」

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ …