今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

アニメ・コミック「ヒカルの碁」

投稿日:

 アニメが先だったか、漫画が先だったか、もう覚えていないが、

 息子と一緒にかなりハマった作品。これをきっかけに囲碁も始めてみた。入門書を買って安い碁盤も買ってまだ小学生だった息子と始めたものの、私はまったく上達しない。

 あまりに上達しなくて悔しいから、また違う本を買ってまで頑張ってみたが、やはりダメだった。将棋は好きでよくやったが、まだ将棋の方がやっていて楽しかったと思う。こう言うのは相性があるのだろうか?オセロゲームも好きだし、チェスも好きだし、軍事将棋やら、そんなボードゲームはみんな好きなのに囲碁はなかなか手強い。

 でも、この作品はとっても面白くて久しぶりにAmazonプライムで1話からアニメを見初めて再び「ヒカルの碁」熱が上がってきた。漫画も全巻揃っているので読み返してみようと思う。囲碁は再び再挑戦するかどうかはわからない。

 このアニメの主題歌の「GET OVER」が大好きだった。当時、dream(ドリーム)という女性3人組のユニットだった。アルバムも出していて、すぐにどの曲も気に入ってCDも買って、釣りに行く時は必ずそれを聴いていたほどだ。でもすぐにメンバーの一人が脱退して、新しいメンバーが数人入り、またひとり脱退してまた新しいメンバーがゾロゾロと増えて、最初の雰囲気とはかなり変わってきた。そして、今はオリジナルメンバーは誰もいなくなってしまって、ついに2017年に残念ながら活動停止になってしまった。

 3人のオリジナルメンバーの時のアルバムは今でもお気に入りで、たまに引っ張り出しては聴いている。

 こお漫画の絵を描いている小畑健氏もこの作品で知ったが、その後に「デスノート」でも一躍有名になり、「バクマン」も大ヒット。数々の賞も獲得した大ベテランとなった。アニメのキャラもいいが、漫画の絵の方が大好きだ。

 このアニメの以後の監修をしていた吉原(旧姓 梅沢)由香里六段も当時は囲碁界のアイドル的な存在でもてはやされた。現在も結婚してお子さんもいらっしゃり、子育てをしながら囲碁の対局、囲碁の監修、普及活動もされて活躍されている。

 そんな囲碁界にとっては大きなきっかけになったこの作品。今再び観直してみても面白くて惹きつけられる。知らないうちに特別版も出ていて、まだこれから楽しませてもらえる。



-映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ジェネラルルージュの凱旋」

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの …

映画「君の膵臓をたべたい」

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、 …

映画「愛がなんだ」

 直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を、「パンとバスと2度目のハツコイ」「知らない、ふたり」の今泉力哉監督で映画化。「おじいちゃん、死んじゃったって。」の岸井ゆきの、「キセキ あの日のソビト」「ニワト …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …