今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 日本語

イチ・ニー・サンは外来語?!

投稿日:

 英語ではワン・ツー・スリーで、

 日本語で「1・2・3」は、「イチ・ニー・サン」と読む人が多いと思う。

 「ヒー・フー・ミー」という方もいるかもしれない。

 中国語はよく知らないが、昔「イーアルカンフー」という名前のファミコンゲームがあって、中国では「イー・アル・サン・スー」数えるのか?と思った。

 でも、マージャンでは「イー・リャン・サン・スー・ウー・ロー・チー・パー・チュウ」だったかな。

 「2」の「アル」と「リャン」が読み方が違うなと思ったが、「2」は、後ろに単位がつく場合は「アル(ぁー)」じゃなくて「リィャン」と言うらしい。

 ではどうして、現代の日本では「イチ・ニー・サン・シー」と読むのだろう?

「そう聞こえちゃったんだから仕方ない」ってことなのか。

 平安時代末期の辞書によると、

一/壹(イ)(ヒトツ)
二/貮(ニ)(フタツ フタタヒ)
三/参(ミツ)
四/肆(ヨツ)(シ)
五(イツツ)
六/陸(ムツ)
七(ナナツ)
八(ヤツ)
九(ココノツ)
十/拾(トヲ)

と書いてあって、三を「サン」とは読まない。サンはやはり外来語か。

中古漢語での「1・2・3」は、「it・ znii・ san」と発音するらしくて、これが現代の日本の発音に近いか?チベット語も「gcig ・gnyis・ gsum」「チー・ニー・スム」と「イチ・ニー・サン」に近い。

 漢数字の「一・二・三・四」は奈良や平安時代からあったが、「一人(ひとり)」「二人(ふたり)」は今でもそう読むが「三人」を「さんにん」と読み始めたのはいつからなのだろう?今でもある地方では「三人」を「みったり」や「みたり」と読むらしいし。

 明治生まれだった祖父母は、ものを数える時に「ひー・ふー・みー」と数えていたかな?

 正倉院に残る最古の戸籍と言われる「大宝二年御野国加毛郡半布里戸籍」も(たいほうにねんみのこくかもぐんはにゅうりこせき)と読むらしいので「二」は「音読み」で「に」と読んでいたのだろうか?それとも「2年」を「ふたとし」とか読んでいたのだろうか?

 落語の「時そば」でも、蕎麦の値段は「十六文(じゅうろくもん)」。一文ずつ数えるときは「ヒーフーミー」と数えていって「十(とお)」からは「十一(じゅういち)、十二(じゅうに)」と数えていく。10までは訓読みで数えて、11からはなぜか音読みになる。

 日付を数えるのも複雑。一日(ついたち)、二日(ふつか)、三日(みっか)、四日(よっか)、五日(いつか)、六日(むいか)、七日(なのか)、九日(ここのか)、十日(とおか)。ここまで訓読み。

 ここから11日(じゅういちにち)と、「日」を(にち)と読む。12日(じゅうににち)、13日(じゅうさんにち)、

 そして次の14日はなんと読む?

(じゅうよっか)と読まないだろうか?どうしてここだけ(じゅうよんにち)と読まないのだろう?

 続いて、15日(じゅうごにち)、16日(じゅうろくにち)、17日(じゅうしちにち)、18日(じゅうはちにち)、19日(じゅうくにち)、そして二十日は? (はつか)だ。

 そして、24日も(にじゅうよっか)と読む。なぜ4日(よっか)だけ音読みになるのだろう?

 30日は特別な読み方はせずに「さんじゅうにち」だ。

 「厚切りジェイソン」じゃないが、ホワイ?ジャパニーズピーポー!なのだ。

 なんで?と聞かれても、

 そういうことは、チコちゃんに聞いてくれ。

-ひとりごと, 日本語

執筆者:


  1. カラス より:

    私が子供の頃、誰に教わったか覚えておりませんが
    ひー ふー みー よー いつー むー なー(なな)やー ここのつ とぉー!(^^)!
    と、数えていた時期があります。聞き伝えなので、楽な発音に変わっていたのでしょう。

    • KURI より:

      カラスさん
       私もそんな感じだったかなぁ?
       10以上ありそうなら、「にー しー ろー やー とー」とか「さん ろく きゅう」とか「ゴー じゅう 」とか吹っ飛ばしたり。(^_^)

  2. 一般人 より:

    アルとリャンは北京語と広東語の違いだったような。
    イチ、ニ、サンは明治の教育制度に起因したような。

  3. しんちゃんママ より:

    >三/参(ミツ)
     →へぇぇ~です。

    大学でドイツ語2年間必修でしたが、覚えているのは〝1・2・3〟だけ・・・。
    4からあとは覚えていません。

    Eテレで、カエルの数え方1匹・2匹・3匹・・・の〝匹〟呼び方をやっていました。
    ぴき・ひき・びき。。。
    今まで考えたこともなかったので、おもしろかった。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      カエルの数え方、面白いですね。
      3千(ぜん)、4千(せん)もそうですかね?(^_^)
      関東では「7時」が「しちじ」だったのが、関西に来たら「ななじ」って言ってて驚きました。でも関東も「7千」は「ななせん」といいます。
      なんだか色々です。

  4. 一般人 より:

    じゅうよんにち、と読みます。
    じゃうよっか、は方言ではないかと思います。
    四日市の地名にひっぱられてるのかも。
    電話のやりとりでも、よっか、よんにちですね。ようか、はちにちですね。と確認します。

  5. Aki より:

    ひい・ふう・みい 半島の少数民族のからって聞きましたけど、10までしかないのはそれ以上が必要ないからとか・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      そうなのですか。色々ありすぎてよくわかりませんね。
      アイヌや沖縄も、それぞれ違ってもう何が何だかです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不老長寿

 「不老長寿」というのはいかがなもんなのでしょう?  「人生100年時代」なんて言葉を聞くようになったが、まったくうれしいと思わない。それどころか恐ろしい時代になったもんだと思うばかりだ。  老化する …

ある母と子と、私

  たまたま向かい合って座った、  3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。  車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。  母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てた …

ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」

東京から出たことのない主人公の江東佳奈(27)は、人間関係のストレスから会社を辞めた。そんな佳奈が京都の町家に住む母方の大伯父、大賀(70)が怪我をしたことで 数日間、面倒を見に行くことに。京都に長く …

大変なもんだな

 もしかしたら最初は健康のためにってはじめたことかもしれないけど、  いつの間にやら大会に出るようになって、  勝ちたいってことになって、  勝たなきゃいけないってなって、  負けられないってないって …

ぽっぽしてええの?

妻が聞いて聞いてきた。 「”ぽっぽしてええの?”って意味わかる?」 「こそっと懐に入れるってこと?」 「そうそう、そんな感じ。あ、通じるんだね。こっちの方言かと思ってた。」 親が使っていたかどうか覚え …