今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

イライラしていたのは

投稿日:

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?

 なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。

 でも、結果はいつも違う形になる。

 それは最初の諸条件が違っていたのか、そこからどのように展開するかの予想が違ったのか、

 結果の受け止め方の問題なのか。それとも周囲の反応が期待と違ったのか。

 いずれにしても、すべてが自分のことってことなんだなぁ。

 予測できなかった自分が悪い、想定外のことが起こったのもそう。

 仕方ないことは仕方ないでいいが、問題はそこからどうするか。

 「そのくらいあらかじめわかっていたでしょう!」

 これはなかなかキツい。

 終わってからではなんとでも言える。

 大丈夫、大丈夫。

 きっとあとで笑って話せるようになる。

 呑んだ時のひとつのネタとして話せるようになる。

 時間とはそういうものだ。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

きっかけはそんなもん

 女の子にモテたいから  お金が欲しいから  やってて楽しいから  大体の男はそこからスタートすると思ってる。  その後、軌道に乗ってから「自分のやっていることが、人や社会の役に立つのがやりがいです」 …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …

いざ無くなってみると思い出せない

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。  「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」  こんなに広いのに、思い出せない。  確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな? …

散歩の楽しみ

日常的に散歩をしている私にとって、散歩の何が楽しいかというと、なんでも受け止めてくれる懐の深さだ。と書くと大袈裟だけど。 何事も飽きっぽい私が続けていられるのは、私のマイブームにいつでも付き合ってくれ …

うれしいような悔しいような

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」  今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。  子供が大きくなってきたら、 「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた …