今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

イライラしていたのは

投稿日:

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?

 なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。

 でも、結果はいつも違う形になる。

 それは最初の諸条件が違っていたのか、そこからどのように展開するかの予想が違ったのか、

 結果の受け止め方の問題なのか。それとも周囲の反応が期待と違ったのか。

 いずれにしても、すべてが自分のことってことなんだなぁ。

 予測できなかった自分が悪い、想定外のことが起こったのもそう。

 仕方ないことは仕方ないでいいが、問題はそこからどうするか。

 「そのくらいあらかじめわかっていたでしょう!」

 これはなかなかキツい。

 終わってからではなんとでも言える。

 大丈夫、大丈夫。

 きっとあとで笑って話せるようになる。

 呑んだ時のひとつのネタとして話せるようになる。

 時間とはそういうものだ。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ASKA premium concert tour-higher ground-アンコール公演@京都レポ

 夕暮れの京都白川沿いを平安神宮へと向かういつものお気に入りの道。  妻とふたりで、今日は30年来のファンであるASKAさんのライブ。昨年12月の公演が延期になり、年を越しての待ちに待ったライブだった …

「阪急 文具の博覧会 2022」

 スッキリ晴れた冬の日。    久しぶりの大都会大阪。  JR大阪駅の阪急うめだ本店の9階で催されている「阪急 文具の博覧会」。 もう、上ばかり見上げている。「高ぇ〜!」  会場では、大阪に住む長女と …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

ヒメツルソバ

 ヒメツルソバという名前らしい。  漢字で書くと「姫蔓蕎麦」。  家の前の側溝の隙間で、  この寒さの中でたくましく咲いていた。  ホームセンターでも売っているらしいが、見たことないなぁ。  可愛い花 …