今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

草花

オジギソウ

投稿日:

 なぜか娘が職場で「オジギソウ」をもらって来た。

 なんだか懐かしい。

 子供の頃に、これを突いては葉をショボンとさせた。

 植物は瞬時に変態をしないイメージがあるが、このオジギソウや食虫植物は動物のように見ているうちに変化するのは楽しい。

突くと葉の先端から順に閉じてくる。

どういった原理でこんなことが起こるのだろう?

Wikipediaにはこう書いてあった。

オジギソウが刺激されると、茎の特定部位が刺激されカリウムイオンを含む化学物質が放出される。カリウムイオンは液胞から水を排出させ、水は細胞外に拡散する。これによって細胞の圧が失われ収縮する。この異なる部位間での膨圧の差によって葉が閉じ、葉柄が収縮する。

Wikipedia

分かったようなわからないようなってところだが、化学物質が放出されてのことらしい。

 オジギソウは。茎の部分にはトゲがある。

 全部の葉を触ってやろうと欲をかくと、そのトゲにやられて痛い目に遭う。

 寒さには弱いので一年草とのことだが、冬に室内に入れてあげれば多年草も可能らしいので、育ててみようと思う。

-草花
-

執筆者:


  1. Aki より:

    河川敷とかに大きく枝を広げているネムノキと同じ仲間だけど、なんでこうも大きさが違うのですかね、ネムノキ見るたびに不思議に思います。

    • KURI より:

      Akiさん
      おっしゃる通りです。ネムノキの名前の由来も最近知ってなるほどって思いました。宮城まり子さんのイメージが強いです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ガジュマルと幸せの木

 1年前はこんな感じだったガジュマル。  今では・・・  2回植え替えして、2回目から一気に大きくなった。  その成長にちょっとビビってる。 もうひとつ、これも最初はたった10cmほどのゴボウだったの …

嫌われ者らしいけど可愛いカタバミ

 本当にどこにでも生えているよね  名前を知らない人も多いと思う  四葉のクローバーと勘違いしている人もいると思う  これは「カタバミ」  漢字で書くと「酢漿草」「片喰」  葉っぱや茎が酸っぱいから「 …

くっつき虫(荒地盗人萩)

 年に一度の一斉清掃が、  今年は例の事情で中止になってしまったために  いつも雑草が生い茂ってしまう場所の草刈りを有志だけでやることになった。  と言っても、みんなに声をかけたので、ほぼいつものメン …

クマンバチ

 琵琶湖疎水沿いや大文字山を歩いている時によく遭遇し、付きまとわれたりする。  クマンバチには全く悪気はなく、襲いかかってくることもないし、  そもそも刺すべく針を持っていない。  あたりを偵察するよ …

紫陽花の紅葉

 紫陽花の花が萎れてきたら  葉が紅葉しだした  あれだけ元気に幾つもの大輪の花を咲かせてくれて  今度は、これから葉を落としていくその前に  ほのかに赤く染めた葉は、はにかむ乙女の頬のよう  大仕事 …