今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

草花

クマンバチ

投稿日:

 琵琶湖疎水沿いや大文字山を歩いている時によく遭遇し、付きまとわれたりする。

 クマンバチには全く悪気はなく、襲いかかってくることもないし、

 そもそも刺すべく針を持っていない。

 あたりを偵察するように、花のある場所をうろうろ。

 人にはあまり興味を示さず、ついついこちらからするとつきまとわれる感覚になるが、

 クマンバチにしてみたら、そちらがこっちの巡回コースに入ってきたってことだろう。

 ハチミツ好きのくまのプーさんのように、ひたすら花蜜を追い求める食いしん坊。

 クマバチという名前と大型で黒いハチで、羽の音も大きいこともあって、スズメバチのようなものをイメージするかもしれないが、

 かなり温厚な性格なようだ。

 こんな花粉まみれのクマンバチの尻を見ると、可愛くて仕方ない。

-草花

執筆者:


  1. Aki より:

    出会う分にはかわいいけど、ねぶた祭りで山車を組み立ててるとき、資材置き場の木造の骨組みがたくさん巣を作られてるのを見てかなりの恐怖を感じました、直径1cm以上の穴をたくさんあけて、今にも屋根が崩れ落ちそう、ちょっと笑えなかったですね・・・

    • KURI より:

       それは嫌ですねぇ。そんなところに巣を作るのですか!そういえば巣も見たことないです。1cm以上の穴って、想像以上でした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メダカとかアボカドとか

 無事に冬を越すことができたメダカ。  水面に浮いているポツポツは「エサ」。  水面より上の水草は一度枯れてしまったが、春になって再び伸びてきた。メダカも1匹も星にならずに春を迎えた。  タニシも冬の …

意味付け

 このフルーツのカスタードパイ、写真のように見えますが、  「実は色鉛筆で描いたものです。」  と書けば、きっと驚かれると思うし、すぐに画像を拡大表示して「本当に?」ってペンのタッチとか調べ始めるかも …

庭の鉢植えは花盛り

 雨の日の昨日まではこんな感じの蕾だと思っていたのに  今朝、水やりに行ったら  一斉に開いていて驚いた  なんという名の花なのかわからなかったが  花の写真をもとに調べてみると「これかな?」というの …

大きな幸福の木の小さな花

 1ヶ月ほど前にFellows Tree(幸福の木)に蕾らしきものが出てきたと書いたが、その後まったく変化なくて、これは花の蕾ではないのではないか?と思うようにさえなっていた。  ↑ 1週間前でもこん …

その日の朝食とボケ

   ・切り干し大根煮 ・ポテサラ ・菜の花おひたし ・スナップエンドウ ・納豆 ・具沢山の味噌汁   常備菜を並べただけなのだが、   朝からこれだけ並ぶと幸せな気持ちになる。 庭木の水やりに行くと …