今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

常備菜 料理

ゴボウの甘辛揚げ

投稿日:

 毎週土曜日に買い出しに行くので

 金曜日はメニューに悩む

 きんぴらごぼうを作るつもりで作らなかったために

 ゴボウが一袋丸々残っていた

 大きめに切ってビニール袋に入れる

 他にも、にんじんが半分、生竹輪が2本、じゃがいもが1個残っていたので

 それも同様に切って袋に入れる

 片栗粉を袋に入れてフルフル

 片栗粉でコーティングされた野菜を次々180度の油で揚げていく

  揚ったものはしっかり油を切っておく

 揚げ終わったら砂糖醤油を混ぜ合わせる

  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 日本酒 大さじ2

フライパンに砂糖醤油を入れて火にかけてグジュグジュってきたら

揚げたゴボウを投入して

フライパンをあおってあおって混ぜ合わせる

大皿に盛り付けて、お決まりのマヨネーズをシャシャシャ!ってかけて

カラシもつけながらご飯をガシガシ

肉じゃなくてゴボウだけど

結構ガッツリ感がありました





-常備菜, 料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

みそ汁の具 何を入れていますか?

 具沢山のお味噌汁はそれだけでご馳走。  旬の野菜をたっぷり入れたお味噌汁はそれだけで立派なおかずにもなります。  その時ある野菜を切って放り込んで、だし汁と一緒に煮て、ひとり分大さじ1の味噌を溶き入 …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

6月2週目の常備菜

左上:ねじりこんにゃくの甘辛煮 右上:鶏むね肉と蒸し大豆の炒り煮 下:ポテトサラダ ねじりこんにゃくの甘辛煮  ねじりこんにゃくは、熱湯で軽く下茹でしておく。  フライパンにごま油をしいて、ねじりこん …

鶏むね肉と春菊のオリーブオイル炒め

 春菊は鍋料理で使ったり、茹でてから和え物が好きです。特によく作るのが豚薄切りと茹でた春菊を和えてポン酢で和えるのは頻繁に作る料理です。でも今日は炒め物を作ってみます。 用意するもの 鶏むね肉 2枚春 …

高山プリン亭

 お土産にいただいたおいしいプリン。  かなり濃厚な味わいで、  かなり滑らかな食感  これは意地でも再現したくなるプリン。  今回は構想を練るだけだが、  近いうちに作る予定。  材料は、牛乳、生ク …