今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

シャトルシェフ 小豆 料理

シャトルシェフで小豆煮

投稿日:

 ここ最近、小豆煮は常備している。

 シャトルシェフを使うと手間なく簡単に出来る。

 しかし、気になるのが少し小豆の皮が硬く感じること。

 最近の作り方はこうだ。

フライパンで小豆を炒る。袋からそのままフライパンに出して、振りながら中火で炒る。香ばしい小豆を茹でたときのような香りがするまで5分ほど炒る。これは渋みを取るためだ。

16時間以上水に浸ける。炒った200gの小豆を750mlの水に浸ける。

茹でる。浸けておいた水ごと小豆を強火で茹でる。茹でこぼしはしない。すでに炒ることで渋みは取れているからだ。実際に茹でても灰汁は上がってこない。10分ほど茹でたらシャトルシェフに入れて、そのまま放置する。

味付け。シャトルシェフから取り出して、砂糖200gと塩小さじ1/2ほど入れて混ぜ合わせる。15分から30分ほどしてから火をつけて加熱し煮詰めていく。まだ少し早いかな?というくらいの水分のところでバットに開ける。

 これで出来上がり。

 簡単でいいのだが前述したように皮が気持ち硬めに仕上がる。気にならない程度と言えばそうなのだが、土鍋で丁寧に作っていた時と比べてしまう。

 シャトルシェフに移す前に、10分ではなくもう少し長い時間茹でるか。それか、シャトルシェフの中の温度が60度を切るようになったら再び再加熱するか。どちらにしても高温での時間がもう少し必要な気がする。

 まだまだ改良の余地はありそうだ。



-シャトルシェフ, 小豆, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豚バラとキャベツの蒸し焼き

春キャベツが出てきた。 柔らかくて甘い葉が美味しい。 ざく切りにしてフライパンに敷いて、その上に豚バラの薄切りを置いて、 もう一度その上に春キャベツを敷いて、その上に豚バラ薄切りをのせる。 粗挽き黒コ …

ブロッコリーは醤油をかけておひたしで!

醤油だけでいいじゃない?  北関東で生まれ育った私は「カキナ」という菜の花のおひたしが好きで仕方がない。でも春先しか食べられない。しかも、関西に引っ越してからはそのカキナも食べられなくなってしまった。 …

焼きビーフン

時々食べたくなる。 安くて嵩があって、栄養もあって、野菜もたくさん摂れる。 作り方は、袋の裏に書いてある通りに作れば失敗なし。 味もビーフン自体に付いているので、下手なことをしなければまず失敗しないは …

30分で出来る甘いシナモンパン

午後2時30分に作り始めて、午後3時のおやつに間に合います。 まずは、オーブンを200度で余熱スタートしてください。 ボウルに以下のものを入れます ホットケーキミックス 1袋200gヨーグルト 100 …

シャトルシェフで鳥丼

  鶏胸肉を薄切りにしてお醤油とお砂糖で煮て、ご飯の上にのせたもの。お弁当にも最適。  ・鶏胸肉 250g ・醤油 大さじ5 ・砂糖 大さじ5 ・料理酒 大さじ5 ・水   大さじ5 ・ニンニク2個  …