今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 山歩き

スマホ前と後

投稿日:

 山を歩く時の持ち物。

 紙の地図とかコンパス、ヘッドライトや懐中電灯、携帯ラジオ、軍手、タオル、鈴、笛、エマージェンシーシートなどをひとまとめにして必ず持ち歩いている。お散歩気分のいつもの大文字山でもそれは変わらない。

 そういうの以外で必ず持っていくものは、腕時計とスマートフォン。今ではApple WatchとiPhoneだけになった。

 以前、スマートフォンを持つ前はどうだったかというと、下の写真の通り。

 左から、GPS(黄色)、デジカメ、携帯電話、ポケットWi-Fi(赤)、腕時計、財布、自宅の鍵。

 これらが今では、スマートフォン、Apple Watch、自宅の鍵だけになった。財布さえ持っていかなくなった。

 帰りの電車も現金は必要ないし、大抵のものはスマホで買える。

 山に限らず、街に出かける時でも、スマホとApple Watchと家の鍵だけでほぼOK 。買い物でもそれにエコバッグを持てばことが済む。どうしても現金でないといけないお店もあるので、スマホのケースに千円札を数枚忍ばせておけば完璧だ。

 もっと以前はどうだったかというと、腕時計もせず、ポケットに現金とタバコと鍵だけを持って、それ以外何も持たない時もあった。その頃の方が身軽だったし気楽だったかもしれない。

 現金とタバコとライターと鍵。

 それだけ持って「ちょっとパチンコ行ってくる」。

 あぁ、そんな時代もあった。すっかり忘れていた。

 いつからこんなにたくさんのものを持つようになったのだろう?

-ひとりごと, 山歩き

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    1年中、常温のペットボトル茶は外出時の必需品なので、生協で箱買い。(冷えていると、バックの中が濡れるので✖) 水筒を持っていったことのありますが、手軽さをとりました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       わたしも山へ行くときは、ペットボトルに水道水を入れて、温かいお茶を水筒に入れて持っていきます。ペットボトルは軽くて重宝します。(^_^)

  2. あかいみ より:

    よい意味でも悪い意味でも・・ていうか俺は悪いほうを強調したいんだけど、荷物が増えたのはよく言えば人に頼らない、悪く言えば人に頼れない世の中になったからだと思うよ、ホント。大学生の時にバイクで長崎までの一人旅(往復10日間)したけど、持ってったのは現金3万円とTシャツとパンツの着替え数枚とカメラ、それと日本地図1枚くらいだった。こまかい道や宿(野宿好適地含め)食い物屋その他もろもろの諸問題は行く先々で見知らぬ人々に「尋ねて」解決してたよ、食い物も風呂も何回かもらったりした。ほんの20年くらい前までは道はよく人に尋ねたし、また尋ねられたりしたもんだ。食べ物も今よりはもらったりあげたりしてたね。それが許されないような世の中になったから荷物が増えたというのが俺の仮説。KURIさんのいう「現金とたばことライターと鍵」は往時の究極の荷物で、たばことライターはニコチン補給のみの道具ではなく、コミュニケーションツールとして赤の他人を結び付けたりできるすごい道具だった。見知らぬオッサンに煙草を差し出して結構複雑で価値ある情報を引き出したりするようなことは昔の人は良くやってたよ。もうみんな忘れてしまったコミュニケーションスタイルだと思うけど。たばことライターはスマホより情報収集力あったかも(笑)。

    • KURI より:

      あかいみさん
      >大学生の時にバイクで長崎までの一人旅(往復10日間)したけど
       ほお、そんな経験をされていましたか!持ち物は少ない方が気軽でいいですよね。往年のタバコに関しても合わせて同感です。

  3. Aki より:

    スマフォを持つ前というのが、現在の私でしょうか…
    まあスマフォも持っていくけど老眼がひどいのでまともなスナップが撮れません、デジカメのほうがまだスクリーンが明るいのでマシw
    GPSは持ち歩かないけど必要と感じたことは無いかな、そちらの持ち物に無くて私が常に持ち歩いているのは薬の類い、胃腸薬・痙攣防止の漢方薬・ビタミン剤・バンドエイド類・鎮痛剤・それと絶対外せない日焼け止め、低山は良いけど2000m超えると紫外線が半端ない、雪焼けも恐ろしいので一年中(夏は歩かないけど)持ち歩いてます。

    • KURI より:

      Akiさん
       ブログやYouTubeとかやっていなければ、いろいろな記録媒体を持っていかないと思います。
      薬は鎮痛剤くらいですねぇ。日焼け止めも今までほぼ使ったことないなぁ。なんだか別世界ですね。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おみくじとか占いとか

 子供の頃は引いていたのかな? それさえも覚えていないが、  「おみくじ」やら「占い」やら、あまり興味がない。  それに振り回されるのが面倒なのかもしれない。  家を建てたり、リフォームしたりした時も …

プラ板試行錯誤

 あれからもプラ板で遊んでいる。  正円で作ったのに、焼いたら楕円になったりする。また直線も歪む。その歪みもまたいい味になるとも言えるが、その特性を知った上で歪みをうまく利用したいところ。 ↑右側の縦 …

コンセントはちゃんと差さってますか?

   パソコンでの作業中に突然画面上の矢印マークのカーソルが動かなくなった。  私の使っているのはマウスではなくて、アップル純正のMagic Trackpad(マジック トラックパッド)と言うもの。 …

御衣黄桜(ギョイコウ)

 如意ヶ嶽から京都山科の毘沙門堂に下ってきた時に、  見事に満開だった御衣黄桜。  薄緑色の珍しい八重桜。  毘沙門堂の裏手にある、墓地に向かう舗装道路の脇に1本だけ。  今まで何度も通っている道だっ …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …