今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 草花

タチバナモドキ

投稿日:

 タチバナモドキの実が色づいてきた。

 「橘」はミカン科の柑橘類だが、このタチバナモドキ(ホソバノトキワサンザシ)はバラ科でトゲもある。5〜6月頃には白い小さな花を咲かせていたが、10月になって実がついてきた。

 あともう少し実が熟して来ると、鳥が集まってきて、

 見事なくらいに全ての実を食べ尽くしてくれる。

 ヒトにとっては苦くて食べられないが、鳥にとっては貴重な食糧らしい。

 中身は全く柑橘系とは違って、大きめの種が5つ入っている。写真では赤に近い色だが、実際に見るとオレンジ色に近い。

 おそらく近日中に鳥が集まって来るはず。

-出来事, 草花
-

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    赤っぽい系の実って、何かいいですね。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       実が色づくと、パッと明るい感じになって目をひきます。鳥にはこの赤い実がどのように見えているのかわかりませんが、一番熟して美味しい頃がわかるのですから人間とは違った見え方をしているのかもしれないと思うばかりです。

  2. Aki より:

    ブルーベリーだと丸坊主にされると悔しいけど、これならいいですね♪

    • KURI より:

      Akiさん
       確かにその通り。大切の育ててきて、さてやっと今日は収穫しようって思った時に丸坊主にされるのは本当に勘弁してもらいたいでしょうね。

  3. アプリ より:

    家にクロガネモチの木がありますが、紅い実がたくさん付いてきれいだなあと思っていると二日くらいで鳥さんが啄んでなくなってしまいます。鳥さんは紅い実をどうやって認識しているのか不思議です。

    • KURI より:

      アプリさん
       二日が早いですねー。お見事!としか言えません。
      >鳥さんは紅い実をどうやって認識しているのか不思議です。
       ほんとそう思います。人間の「赤い色」という認識じゃなくて、赤い色だけ他と違って浮き出て見えているのではと思うばかりです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お膳

 12日に盆迎えに行って、13日の朝までに色々と準備。  水塔婆にお花やら果物やお菓子、灯籠やら、お茶にお線香、炭、蝋燭などなど、何かまだ足りないような気がする。  昨年のお盆の写真を見て、一番肝心な …

殻付きカキをフライに

 殻付きの大粒なカキをいただいた。    どうしてもカキフライが食べたかったので、他は考えずに一択。      殻からはずして、塩水でよく洗って。    やっぱり想像通り、ムッチャ大粒。      妻 …

ナスとキノコの和風スパと榮太棲の一口羊羹

 ヒラタケ、ぶなしめじ、アク抜きしたナスを炒めて、麺つゆと水。  そこへ更に、味の素とほんだし。  ラーメンや炒飯、たらこスパゲティなどもそうだけど、この手の料理は旨味調味料を入れたら入れただけ「美味 …

非密の琵琶湖小花火大会2022 in 琵琶湖浜大津

 いつものように湖岸を散歩。この日は誘われるようにいつもと反対の西へ向かうコースへ。  今日もキレイな夕焼け。  月曜日だというのに、いつもよりホテルの客室が埋まっている。  いつもより人が多い。   …

no image

窓ふき

プリンスホテルの窓ふきはこんな感じでやっております。高所恐怖症の人には出来ない仕事です。 私もお金をもらっても、あのゴンドラには乗りたくありません。