今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

スイーツ・デザート 料理

タンカンの皮でピール

投稿日:

美味しいタンカンを友人にいただいた。

「皮は捨てずに残しておいて、ピールにしてね」と言われたので、その通りにしてみた。

 皮をキレイに洗って、5mm幅に切って、熱湯でサッと茹でる。

 冷水にとってしばらく浸ける。

それを3回繰り返した。

最後は大きな桶に水を張って、一晩浸けておいた。

ギュッと絞ってから計量。ボウルの重さは100gなので、皮の重さはほぼ400g。

70%の砂糖で煮ようと思うので、280gの砂糖を混ぜてフライパンで炒める。

 大さじ3くらいの水と砂糖を入れて混ぜながら加熱していく。焦がさないようにせっせと混ぜる。次第に砂糖が溶けて、混ぜるのに力が必要になってくる。

水分が飛んできたら、バットに広げて冷ます。

冷めたら、グラニュー糖を全体にまぶして出来上がり。

写真で見ると芋けんぴにも見えるが、ちゃんとしタンカンのピールになった。少しずつおつまみに重宝しそう。保存も効くが、冷凍もできるみたい。

 捨ててしまうのはもったいないね。



-スイーツ・デザート, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豚もも薄切り肉の甘いケチャップ 炒め

 子どもも喜ぶ甘〜いケチャップ 味の肉炒め  子どもの大好きなケチャップ 味。お砂糖も足してより一層甘く食べやすく。「また作って!」と言われること間違いなし。 材料はこれだけ 豚もも肉、豚ロースの薄切 …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

疲れた日には

 自分で料理を作っていると面倒なことも多いが、メリットも多い。  それは食べたいものを食べたい時に食べられるということだ。  仕事を終えて疲れた体ですぐに台所に立つのが面倒なことも多いが、  そんな時 …

6月最初の常備菜

 6月最初の常備菜はやや少なめ。 鶏むね肉とゴボウの甘辛炒め  むね肉は、醤油、日本酒、砂糖、おろし生姜で揉んでおく。ゴボウは千切りしてアク抜き。  ごま油で炒めて、火が通ったら醤油と砂糖少々ずつで味 …

ツタンカーメンご飯

 ツタンカーメンとは、このエンドウマメ  このエンドウマメはサヤが紫色をしている  ツタンカーメンと言う名前の由来は、ツタンカーメンの墓の副葬品の中にエンドウマメがあり、それを撒いたらなんと発芽したと …