今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

テレビの解像度

投稿日:

 ハイビジョンとか、4Kや8Kのことではない。

 どうしてテレビから入ってくる情報って、何も残らないのだろうか?


 昨日何を観ていたのかも覚えていない。


 確かにあの瞬間は「ヘェ〜、そうなんだ!」って思った。


 でも今は、何に感心したんだっけ?って、思い出せない。

 これは自分の記憶力の低下によるものなのだろうか?


 バラエティー番組に至っては、もう何も覚えていない。


 進行役の人とゲストがいて、いつものメンバーが取り囲んでツッコミを入れたり。


 その枠組みとしては覚えているが、どんな内容を話して、どんな展開で、どこで笑ったのか。


 1ヶ月前の同じ番組を再び見せられても、


 番組最後の方になってやっと「これ、前見たやつじゃない?」って思い出すかもしれないって程度。

 テレビの情報というものは、


 全体にモザイクが掛かっているような、解像度の荒い情報なんだと思う。

 衝撃映像がないと、どうにも記憶に焼き付けることが出来ない。


 過去の映像やら、イメージ映像やら、インパクトのありそうな映像がないと、


 どうにも飽きてしまう。

 アウトプット側の問題なのか、受け取り側の問題なのか?


 テレビがつまらなくなったのだろうか?


 受け取り側が情報過多でフィルターをかけてしまっているのだろうか?


 そもそもヒトのインプットはそういう仕組みに出来ているのだろうか?

 それじゃ、読んだ本はみんな覚えているかといえば、やっぱり覚えてない。


 「これは愛読書なんだ」という本も、5年後に読めばまた新鮮に読める。


 映画もそうだし、雑誌もそうだし、写真集もそうだ。

 その時、その瞬間に楽しめればそれでいいじゃないか。


 そういうものなのだよ。

 だから食べ物みたいに、


 その時に「美味しい」と感じて飲み込み、


 翌日にはカラダを通過していく。

 でも、美味しいものを食べたい。


 情報もきっとそういうものなんだろう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

味噌汁の置き場所

 我が家では、手前左にご飯を置いて、手前右に味噌汁椀を置く。  その奥正面にメインのおかず。その両脇に副菜など。食事中にお茶は飲まず、食後にいただく。  新婚当初は、「味噌汁は必ず作るかどうか」で揉め …

切手用ピンセットとお雛様

 小中学校の頃だったか、空前の切手ブームがあって、  「スタンプマガジン」や「原色日本切手図鑑」を買ったり、  アルバム作りをしたりしたこともあった。  学校にアルバムごと持っていって、切手交換をした …

大切に思うからこそ距離を取ろう!

 タバコをやめてもう10数年以上になる。  あれだけ好きだったのにやめた。  最高1日2箱半吸っていた。  息苦しさを感じたのと、ちょっと走っただけで酸素不足を感じたからだ。  要するに、「気持ちイイ …

良いものもある、悪いものもある

 昔、スネークマンショーという桑原茂一氏と小林克也氏でスタートしたコント。  その中のネタのひとつで、  音楽評論家A:「ま~、僕の場合はね、レコードを向こうから取り寄せてるんだけど~今のロックはさ~ …

映画「コーダ あいのうた」と閉館のお知らせ

家族の中でただ1人の健聴者である少女の勇気が、家族やさまざまな問題を力に変えていく姿を描いたヒューマンドラマ。2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイク。海の町でやさしい両親と兄と暮らす高校生 …