今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

デジタル化におびえる

投稿日:

 私はどちらかと言えば同世代の中では早くからパソコンを使っていたし、インターネットというものが拡まる前からパソコン通信でコミュニケーションをとり、インターネットが開始されたらすぐに自分のホームページを自力で作ったくらいなので、デジタル化にはおびえたりはしないと思っていた。

 しかしだ。何がネックかと言うと「老眼と記憶力の低下」だ。

 デジタル化も、最初に設定さえしてしまえばあとは楽なのかもしれない。あれもこれも便利になりますよと言うのもわかる。

 ただ最初の設定するのに怖気ずくのだ。

 またIDとパスワードか? どんな資料を用意したらいいのか? 必要なデータは、どの書類のどこに書いてあるのか? その8桁の数字を間違いなく入力できるだろうか?スマホの小さい画面の小さなボタンをこの太い指で確実に押せるだろうか?

 一度設定出来て使えるようになったとして、さて数年後に機種変更の時はそのまま何も意識することなくその設定が受け継がれるのだろうか?

 その設定を書き留めておいたとして、それがどの会社のどこに使われるものなのか、わかりやすく保存しておけるだろうか?

 今までにもたくさんあった。

 「契約時に書いていただいたパスワードを覚えてらっしゃいますか?」

 「パスワードは同じものを使い回さないように。」

 もう、IDとパスワードをメモしたものがかなりの項目数になってきて、そこから探し出すのに検索機能を使うほどだ。普段はパソコンやスマホ自体が記憶してくれているから勝手に入力してくれるからいい。しかし、「一定期間アクセスがありませんでしたので、IDとパスワードを入力してください」と言われた時に、もう咄嗟に「もういいや」って思ってしまう。

 セキュリティは確実にしてもらいたいが、その一部に自分の管理力を期待されても困ってしまうである。

 昔だったら銀行でも「印鑑と通帳」で通用した。そこにキャッシュカードと4桁のパスワードができた。その4桁さえ、いくつかのキャッシュカードやクレジットカードが増えていくたびにおびえるばかりだ。

 これからどうなるのだろう?

 顔認証も年々老けていく顔にちゃんと認証してくるかどうか怯える、指紋認証はスマホで使っているが、指が少し湿っただけで反応しなくなる。パスコードは一つくらいは覚えられるが、それが2重認証とかになったらどうしようとおびえる。

 自分は本人です!と認めてもらうのに、何かもっといい方法はないものだろうか?

 究極、自分を自分と認識すべきものってなんだろう?って考えてしまう。



-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


  1. Aki より:

     汚いノートに全部書き込んでるけど、そこらへん大変だよねー同感。
    いつもAmazonのスパムが来ているけど、今回はJCBのスパム、
    近頃小銭出すのが面倒なのでマーケットでカード決済やるようになったけど、
    それ絡みと思ったらVISAでした、騙されている人いっぱいいるんだろうねぇw

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

MacBook Airへ移行

 娘が購入したMacBook Airが届いた。  在庫がなかったので入荷待ち&郵送で3日後に届いた。  上の写真は、右側が新しいMacBook Air13インチで、左側は私のMacBook Air11 …

トースト

 本日の朝食  家内とふたり、日曜日の朝  NHK教育「日曜美術館」を見ながらゆったりとした時間。  ガーリックバターのソフトなフランスパンをトーストして  いい香りが部屋中に漂っているが、  とにか …

臆病と鬱

 気が小さいとか、ビビリだとか、小心者、臆病って自分でそう思っている。これは生まれ持った性格と、今までの体験の積み重ねだとかいろいろと考えてみたりする。  いつも吐き気がするくらい悩んで考えているつも …

結局いつものところにたどり着く

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。  当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。  感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。  どうして …

空気を読む

「空気を読む」とは?    多数派だけで調子良く進んでいるのに、ここで反対意見を出すなと言うこと。  簡単にいえばそんな感じ。  日本人は後輩たちに「常に多数派であれ」を勧める。  「長い物には巻かれ …