今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドキュメンタリー「ビンラディン殺害計画の全貌」」

投稿日:2022年9月14日 更新日:

2011年5月、アメリカ同時多発テロから10年を経て、海軍特殊部隊SEALチーム6が首謀者のオサマ・ビンラディンを襲撃、殺害した。オバマ大統領や元CIA長官、ビンラディンを追跡した諜報部員や襲撃を決行したSEALチーム6の隊員などへのインタビューを通じ、ビンラディン殺害計画の全貌が今、明かされる。

 よくよく考えてみると、ビンラディンを倒すために、勝手に他所の国へ戦闘用ヘリ4機で侵入し、1部隊である建物を襲撃しビンラディンとその家族を殺してくるという、こんなことってやっていいの?ってなことを平気でやってのけて、見事な作戦だったと自画自賛していることに違和感しかなかった。

 これがもし日本と中国だったらどうだろう?中国の軍事ヘリ4機が領海及び領土に侵入し、ある民家の上空から特殊部隊を降下させ、その住人を家族もろとも殺害し、そのまま中国へと去っていく。おそらく領海に侵入しただけで戦闘機のスクランブルがかかりその民家までたどり着くことも出来ないと思うが、あり得ない話だ。

 こんなことってやっていいの?と思ってしまう。それをやってしまうのがアメリカ。だからと言って反米やら安保反対というわけじゃないが、無茶するよなぁって思う。アメリカの正義のためならこんなことやってもOKなのね。そういう国であるということは覚えておかないといけないし、だからこそあまり敵にしたくもないってことだけど。

-映画
-, , ,

執筆者:


  1. Aki より:

    他国と言っても当時アメリカ寄りのパキスタンがちゃんと対処してくれてたら、アメリカが出ていく必要も無かったでしょう、武装した犯罪者だし仕方ないと思うけどどうなんでしょ。
    これでも日本でも警察じゃ手に負えないんじゃないかなぁ、自衛隊が出ていくとも思えないし・・・

    • KURI より:

      Akiさん
       同じことを中国がやったら世界はどう反応するのだろうな?って考えちゃいました。
      結局は、力があるもののやったもん勝ちってことなんでしょうね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ハナミズキ」

人気アーティスト・一青窈の大ヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにしたラブストーリー。主演に新垣結衣、相手役で生田斗真が共演。北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と2人で暮らす紗枝は、東京の大学に進学すること …

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

映画「運命の女 UNFAITHFUL」

 会社を経営する夫エドワードと9歳の息子と平穏な日々を過ごしていた専業主婦のコニー。が、ある日、ブックディーラーのフランス青年ポールと出会い、情事を重ねるようになる。やがて彼女の夫もそれを知るが。監督 …

映画「mellow(メロウ)」

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女な …

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。  実際のヒトラーを見たことは …