今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ「あなたのことはそれほど」

投稿日:

 上段の二人、下段の二人がそれぞれ夫婦で

 左側二人が不倫しているという設定。

 料理も作ってくれるし、いつもやさしい夫(東出くん)と結婚した美都(波瑠さん)。

 美都は、中学時代から好きで好きで仕方なかったが途中で引っ越してしまった左下の有島くん(鈴木伸之くん)と偶然出会ってしまって、その日のうちに結ばれてしまう。

 有島くんは誰にでも優しいが、現在奥さんは妊娠中。よってW不倫。

 そのうちお互いのパートナーに浮気がバレてしまって泥沼に。

 東出くんは、浮気に気づいても美都を責めない。一番好きな人と結婚できたからだと。でも美都はその執着心に恐怖するようになる。

 有島くんは、怒った奥さん(仲里依紗さん)をどうにか許してもらおうと頑張る。

 このドラマの見所は、美都を演じる波瑠さん。この美都という女性は、自分が一番愛する人を愛して何が悪いのか?という考え方で、夫を裏切って不倫をしていても、相手の奥さんが悩み苦しんでいてもそれを感じない空虚さがあることをどう演じるか。

 社会的通念やら法律とか関係ないなら、美都が一番本能のままであり一番ピュアでもある。それをピュアとして認められない世の中であるのは間違いではなく、周りからは非難轟々であり、友人も仕事の同僚、親からも総スカン。

 そんな彼女を見ていると、ピュアってなんだ?ってわからなくなってくる。

 同じ枠で放送されていた「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマとは全く違う世界。

 同じ原作者であるドラマ「G線上のあなたと私」でも波瑠さんが好演しているが、それともまた雰囲気が違う。

 最初はただの不倫の泥沼のドラマかと思って見始めたが、途中からこれはなんだかすごいことになってきたぞと気になって仕方なくなってきた。

 最後まで目が離せない展開に、「さすが!」と思わされたドラマだった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …

映画「父親たちの星条旗」

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側 …

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …